収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

「おしゃれな人」が、好き。

たくさんの洋服を持っている人を「おしゃれ」だとは思わないし、突飛な恰好をしている人が「おしゃれ」だとも思わないし、高い服を着ているから「おしゃれ」なわけではないと思うけれども、私は「おしゃれでいたい」と思っている人を好きだなあ、と思う。

「おしゃれでいたい」と思う時、特に「装い」に特化した場面で考えてみると、それはその日に自分が会う人に対する「敬意」の表れだと思うから。

デートのときに、彼氏が新品のシャツを着てきたら嬉しい、と思うタイプです。そのシャツが高価なものか、センスが良いかどうか、似合っているかどうかは別として、「彼女のために、素敵な装いをしよう」と考え、行動してくれたことに対して、敬意を感じるからです。

f:id:yuringo738:20210706095503j:plain

「人は見た目」なんです。おおむね。

美か醜か、というよりも、相手への敬意が見た目に現れているかどうか、で、ある程度の評価を下されてしまう。

デートに汚れたぼろぼろのスニーカーで来られたら、やっぱりガッカリしちゃうと思うの。

私は、性別や年齢にかかわらず「おしゃれな人」が、好き。

相手を思いやる心を持つ、優しくておしゃれな人が、好き。