収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す

装いは「引き算の美しさ」を、目指したい。

クローゼットに、新しい半袖ブラウスを投入しました。

いまわたしが最も活用しているブランド「SOEJU(ソージュ)」のもの。

白と黒、(写真には写っていないけど)ネイビーの3着。

f:id:yuringo738:20210420221937j:plain

この半袖ブラウス、商品名は「ショートスリーブコクーンブラウス」。

袖回りのカッティングが絶妙で、大人の二の腕をほんとにきれいに見せてくれるので。す。去年、ピンクを購入していて、これで4色が揃いました。

このほか「ライトグレー」と「ミント(グリーン)」の計6色展開。

ジャケットを羽織っても、もたつかない。通年で使える、とってもコスパの良いアイテムなのです。

メイドインジャパンで、1着1万780円(税込み)。有名セレクトショップだと1万8千円くらいしそうな品質なので、まじでまじでお買い得な1着です。

ソージュ好き~。

 

クローゼットがもうほんとに「ソージュ・コレクション」みたいになりつつある。

色はもう、基本的にネイビーと白、そして黒とグレー、ピンクを足す感じ。

どんなに流行っていようが、店員さんに「差し色にいかが」などとおすすめされようが、マスタードイエローやラベンダーに手を出すことはもうないと思う(手を出して失敗したことがあったんだね)。

色もデザインもね、もう絶対にこれが好きという軸を決めて、飽きるまでそれを着倒そうと思うんだ。ベーシックなもの同士を組み合わせて生まれる、「引き算」の美しさって、あると思うから。

f:id:yuringo738:20210412213657j:plain

そして、何度もブログで書いている気がするけれど、私は「おしゃれな人」に見られたいわけじゃない。「トレンドを分かっている人」に見られたいわけでも、ない。

でも、持ち物を減らして、「好き」の軸をぐっと絞り込んで、60着以上あった洋服を50着に減らして、さらに40着に絞って、そしていまは通年で30着もないクローゼットになったわけだけれど、溢れんばかりの洋服に囲まれていた20代のころよりも、各段にいまのほうが「装い」を褒められる機会が増えた。

「おしゃれな人」に見られなくても別に構わないけれど、「今日の服装いいね」って褒められるのは、やっぱり嬉しい。

だから、私は親友みたいな少しの洋服と一緒に、私なりに「装うこと」を楽しみたいと思う。

そう、クローゼットのなかの少数精鋭のアイテムたちは、「チーム」であり「仲間」なのです。

今日は、どの友達と一緒にチームを組む?

あの子とあの子、組み合わせたら、どんな相乗効果がチームに生まれる?

そんな風に毎日のコーディネートを考える。

会社でいえば「人事部長」みたいな感じでしょうか。

選ぶ。組み合わせる。そして、「装う人を、裸の状態よりも素敵に見せる」という成果を生み出す。

 

洋服の色とスタイルをぐっと絞り込めば、靴も2足で事足りる。

ライトグレーと黒(どちらも晴雨兼用)のパンプスがあれば、ほぼすべてのコーディネートに合わせることができる。

f:id:yuringo738:20210412212901j:plain

少しの洋服に、たくさんの愛を注ぎたい。裏を返せば、たくさんの愛を注ぐためには、少しの洋服しか、持つことはできない。一度に、そんなにたくさん、愛せないから。

そして、少ししか持たないからこそ、「愛のある作り手」から生まれた商品を、きちんと対価を払って手に入れたいと思う。

「SOEJU」の洋服をオンラインショップで購入すると、毎回同封されている手紙。

もちろん、直筆ではなく印刷ですが、こういう心遣いは嬉しい。

愛情を注いで作られたモノだからこそ、使い手である私も、きちんと愛情をもって洋服と付き合っていきたいなと思える。

f:id:yuringo738:20210420225236j:plain

「装い」に、愛を。

「やることリスト」を、減らしましょう。

今日は午後から出社なので、家族が全員出かけた家でコーヒー飲みながら残った家事を片付けたり映画みたり新聞読んだり。

連綿と続く日常のなかに、時たまポコッと出現する、こういう「空白の時間」が、好き。仕事でもなく、休日でもない。オンでもなくオフでもない。そんな、なんとも表現しがたい3、4時間の「空白」。

f:id:yuringo738:20210419102238j:plain

こういう「空白の時間」は、予期せぬ時にやってくるので、ともすると「やり残しておいた、アレをやらなきゃ!」「週末に片付けられなかった、コレもやらなきゃ!」と、追い立てられるような気持ちになりがちです。

だけど、そこはぐっと立ち止まって、あえて「やることリスト」を減らしたいと思う私。せっかくの「ご褒美」みたいな自分だけの時間なんだから、ボーナスを貰った気分で、心の底からやりたいことに時間を使おうと思うの。

朝ごはんの食器を洗ったら、掃除はルンバの桃子にお任せして、コーヒーを入れてラジオ体操をして、ゆっくり新聞を読んで、WOWOWで録画したホラー映画(1977年版サスペリア)をみる。ついでにブログを更新して、気が向いたらごろんと横になるなどして、ゆっくりゆったり、「無駄」な時間を楽しむ。

 

予定をぎゅうぎゅうに詰め込むことが「善」ではないし、「やることリスト」を際限なくリストアップして、効率よくそれらを消化していくことが「善」でもない。

モノを減らしたなら、「やることリスト」もシンプルにしたい。

 

減らした先に、「本当にやりたいこと」が見えてくる気がする。

ホラー映画をみる。ブログを更新する。新聞をよむ。コーヒーをのむ。ごろんと横になる。

きっと、これらが私の「本当にやりたいこと」なのでしょう。

 

人生を楽しむために、「やることリスト」を、減らしましょう。

「好きなもの」を、しまう場所。

靴箱は、靴だけをしまうための場所ではありません。

工具や子供の塾バッグ、古新聞などの一時置きも、玄関横の「靴箱」が兼ねています。

f:id:yuringo738:20210413074735j:plain

「ウイルス禍」で増えたのが、除菌グッズ。

アルコール配合の除菌シートと、除菌スプレー。

こまめにドアノブや電気スイッチなど、家族が頻繁に手を触れる場所を消毒します。

玄関横の「ゴールデンスペース」(腰~胸の高さにある、最も手が届きやすい=モノの出し入れがしやすい場所)に、設置。

取り出しやすさは、使いやすさ。

f:id:yuringo738:20210413074812j:plain

鎮座。

 

小さい家なので、「シュークローク」など大きな収納スペースはありません。

玄関横のこの二つに、家族4人分の靴をすべて収納しています。

f:id:yuringo738:20210413074830j:plain

普段使いの靴は、背の低いほうの靴箱に入れています。

減らして減らして、すかすかです。

f:id:yuringo738:20210413075421j:plain

使用頻度の低い靴をいくつも増やすより、歩きやすい靴を数足、そろえたい。

いま、「オン」の場面で履いている靴は2足。

どちらも晴雨兼用のエナメルパンプス。グレーと黒。

f:id:yuringo738:20210412212901j:plain

手持ちの洋服も、白とネイビーを中心にぐっと「色」を絞り込んでいるので、

靴もこの2足で、ほぼどんなコーディネートにも対応できるようになりました。

f:id:yuringo738:20210412213657j:plain

モノが減れば、手入れや保管の手間が減って、「暮らしが楽になる」のは、事実。

でも、手当たり次第に捨てていくというよりは、「好きなもの」を丁寧に一つずつ、「選ぶ作業」だと思う。

 

そうして厳選したものたちを、取り出しやすさやしまいやすさを考えながら、適正なスペースに配置していくこと。

選んで、配置して、使って、戻す。そのサイクルが、「片付け」。

 

思いのほか、シンプルなサイクル。

 

選ぼう。そして、使いやすい場所に配置しよう。

好きなものだけ。使うものだけ。

「おしゃれな人」を、目指さない。

人生における「おしゃれ」の優先度は、高いほうではないと思う。

でも、「好きなもの」は、はっきりしている。

「好きではないもの」も、はっきりしている。

だから、好きなものだけをクローゼットに集めて、「おしゃれな人」ではなく

「自分の好きなものを選んで着ている人」になりたいと思っている。

f:id:yuringo738:20210412212845j:plain

「好きな服」は、白い服。さらりとした着心地のブラウス。ちくちくしないニット。

重たくないコート。

「好きな服」は、信頼できる友達みたいな存在。

おしゃべりじゃなくて、むしろ無口で、そしてどんなときも隣にいてくれる。

一緒に笑ってくれて、泣きたいときは静かに寄り添ってくれて、

不安なときには「大丈夫だよ」と背中を押してくれる。

f:id:yuringo738:20210412213657j:plain

「おしゃれの優先度」が決して高くない私が、「装うこと」を楽しむために心がけていること。それは、「好き」の方向性を、できるだけ絞り込むこと。

色を、形を、ぐっと絞り込む。あれも、これも、詰め込まない。

「好き」の範囲を、狭く狭く、絞り込む。

 

「色」で絞り込んだ結果は、過去記事にも↓

「好き」だけで選んだクローゼットの中身。手持ちの洋服の半分は白とネイビー。

yuringo738.hatenablog.com

 

何色が流行っているか、は、あまり気にならない。

洗い立ての白。清潔なネイビー。「好き」の軸は、そこにあるから。

 

一か月間、まいにち違うコーデで会社に行かなければいけない、なんていう決まりはないのである。着回しの呪縛、バリエーションのしがらみから、自由になろう。

 

いろんな色を集めるより、テイストの「幅」を広げるより。

「自分の好きなものを選んで着ている人」に、なりたい。

柔軟剤、やめました。

日曜日の朝に早起きしてシーツやら枕カバーやらをまとめて回すのって、なんだか良い休日が始まりつつある気分になるよね。ついでに念入りにトイレ掃除したりルンバのほこりを丁寧に取り除いたりしてさ。さらに時間があればラジオ体操のついでにYouTubeの痩せるダンス(夜に駆けるに合わせて踊る)やったりしてさ。

さて本題です。

「柔軟剤」、やめました。

f:id:yuringo738:20210411084748j:plain

ドラム式洗濯機の上に洗剤・直置きが我が家のスタイルさ。

 

この中に、3月まで柔軟剤(「さらさ」を愛用していた)が入っていたのだけど

3月に使い切ったのを機に、買い足すのをやめました。

f:id:yuringo738:20210411084832j:plain

いまは基本的に「アタックゼロ」のみ、タオルなど匂いが気になるときはワイドハイターを足して、おしゃれ着洗いは「エマール」。夫のワイシャツ用の部分洗い用洗剤(襟、袖口に塗るタイプ)が2種。

 

いままでなんとなーく使っていた柔軟剤。

使い切って買い足すタイミングで、「これ、本当に必要かな?」と立ち止まって考えてみたら、「なくても別に問題ないんじゃない??」という考えに至った。

タオルは柔軟剤を使わないほうが吸水が良くなるという話も聞いていたので、試しに柔軟剤無しをしばらく試してみることにした。

 

約2週間。

柔軟剤、なくても全く問題なし!!

 

もうこのまま「柔軟剤なし」生活を続けることになると思う。

 

そして、洗濯に興味がわいていろいろ調べていたら、予想以上に「洗濯マグちゃん」をメーンに使って日常の洗濯をしている人が多いことを知った。

片付け友達(片付けを共通の趣味に持つ友人)の一人が「洗濯マグちゃん」を愛用していて、「そんなマグネシウムの力だけで衣類の汚れって落ちるもんなん??」と半信半疑だったのだけど、がぜん興味がわいてきた。

 

が、我が家は育ちざかり動き盛りの小学生が2人いるうえ、夫は自動車整備士なので、けっこう頑固な汚れがついた衣類を洗うことが多い。マグちゃんでは対応しきれないかも。と思って逡巡しています。

 

しばらくは合成洗剤のお世話になると思う。

 

ただ、いつもなんとなーく使っている日用品も、買い換えるタイミングで「これは本当に必要かな?」と自分に問いかけることは続けていくことが大事と思う。

惰性で買い続けているけれど、なくても別に平気なものは、まだまだあるはず。

供養代6600円、「お焚き上げ」でヌイグルミを手放す。

納戸の棚、段ボール箱にしまっていた大量のヌイグルミ。

娘ふたりが赤ちゃんのころにお世話になった、愛着のある方々。

たくさん一緒にいたから、汚れもあるし傷みもある。

でも、だからこそ、簡単には捨てられない。

「もう使わない」、でも、可燃ごみとして捨てるなんてこと、どうしたってできない。

f:id:yuringo738:20210409082736j:plain

だけど、小さい家では収納スペースが限られているから、

こうした「思い出の品」を無限にしまっておくことは、できない。

 

気持ちよく手放す方法を探して、

今回「みんなのお焚き上げ」というサービスを初めて利用してみました。

 

ウェブで申し込むと、封筒がポストに届きます。

f:id:yuringo738:20210409082744j:plain

「お焚き上げシール」と、配達伝票が入っている。

 

お焚き上げを希望する品物を箱に入れて、

表面にお焚き上げシールと配達伝票を張って集荷に出せばOK。

提携する寺社でお焚き上げしてくれるサービス。

希望すれば、お焚き上げの写真や動画の撮影もしてくれるらしい。

 

 

料金はモノの大きさによって異なり、

ちなみに、私が申し込んだのは「ボックスサイズ100」

縦横高さの合計100センチ以内で、重量10キロ以内、ぬいぐるみ数体が収まるサイズ。

供養料金、寺社への配送料金込みで「6600円(税込み)」でした。

 

お守りや写真など小さなモノを供養してくれる「レターサイズ」もあって、これは1650~3200円(税込み)と手ごろな価格。

ひな人形など大型の品を供養してくれる「人形供養パック」は2万5000円から。

 

この料金を高いと感じるか妥当と感じるかは人それぞれだけど、

わたしは「愛着のあるぬいぐるみ」を手放す時のコストとしては相応かなと感じました。

ぬいぐるみをはじめ、愛着のあるモノを「手放す」って、けっこう精神的な負担がかかる。こうした「気持ちよく手放すこと」を後押ししてくれるサービス、これからどんどん出てきそうだなと感じました。

 

ご参加までに「みんなのお焚き上げ」の公式サイトはこちら↓

https://www.otakiage.com/sp/

興味ある方はぜひ。

 

ヌイグルミのほかにもお守り、ご朱印帳、愛着のあるアクセサリーなど多種多様なものを「お焚き上げ」してくれるみたいですよ。

「捨て方」「手放し方」の選択肢が広がりそうな、お焚き上げ。

捨てるのに罪悪感を持ってしまう人にはオススメのサービスかもしれません。

「粗大ごみの回収日」に、思う。

このほど、押し入れの「大物」2種類を手放しました。

f:id:yuringo738:20210407232538j:plain

無印良品」のポリプロピレン収納ボックス3段と、

次女の「お昼寝ふとん」。

 

市の粗大ごみ収集に申し込んで、処分にかかった費用は合計400円。

 

モノって、「手に入れる時」にお金がかかるのはもちろんだけど、

「手放す時」にも、お金がかかるんだなあ。

 

収納ボックスは、空っぽのまま、しばらく寝室の押し入れに入れていた。

かつては古いタオルや、過剰に持っていたシーツや、クッションカバーや、

ありとあらゆる「布モノ」を大量に詰め込んでいたのだけれど、

手放して手放して、最小限必要な数に絞り込んでいったら、

3段ぶんがまるまる、カラになった。

 

そんなもんです。

 

「いつか、また何か入れる日が来るかも」と思って、カラのまましばらく置いていたけれど、きっとそんな日は来ないのだろう。と、ある日、ふと、確信した。

 

そうしたら、その押し入れの上段にしまいこんでいた、次女がかつて使っていた、保育園のお昼寝ふとんに目が留まった。

ああ、これも。

もうきっと、使う日は来ない。

 

「いつか孫が生まれたら、使うかもしれない」なんて、

そんな思いがちょびっと胸をよぎったのは内緒。

私、いま36歳。次女は8歳。

「孫が生まれる日」、いつよ。

 

そんな、不確かな未来を予想して、「いま」使わないモノをしまいこんでおくのは、やめよう。

 

手放して、手に入れるのは「余白」だ。

「いま」使うもののために。「いま」欲しいもののために。

「いま」大切にしたいことのために。「いま」そばにいてほしい人のために。

 

お金と時間と場所は、そんな「いま」のために、使おう。

 

そんな思いを強くした、粗大ごみの回収日。