収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す

通販の失敗を教訓に…「着用単価3602円」のパンツを、手放す。

衣替えの季節ですね。

通年仕様のクローゼットなので、衣類の入れ替えはほとんどないのですが、

夏物のジャケットとトップスを手前に掛けなおして

出し入れしやすいようにプチ整頓しました。

f:id:yuringo738:20200531000649j:plain

 

そして、衣替えは

「もう着ないな」という衣類を

手放す機会でもあります。

今回、手放したのは

3月に購入したばかりの、ベージュのシガレットパンツ…

f:id:yuringo738:20200531000751j:plain

まだ新しいアイテムだったので、

ZOZOの買い替え割を利用。

1100円で買い取っていただけました。

 

着用回数は、計5回。

購入価格は1万8010円だったので、

着用単価(着用1回当たりの価格)は

1万8010円(購入価格)÷5回(着用回数)

=3602円 

 

ぜんっぜん、元が取れなかった!

 

こうした買い物の失敗は、

きちんと理由を考察して記録しておくことで

再び過ちを繰り返さないための経験値として活用するほかない。

 

今回の「失敗」の原因は、

ひとえに「ネット通販でボトムスを買ってしまった」ことに尽きます。

つまり、試着をせずに買うことによる、避けられないリスク。

 

通販で服を買うと、

一定の割合で「生地が思っていたよりペラペラ」「ベージュだと思っていたら、なんだか黄土色?」「ライトグレーだと思っていたら、なんだかネズミ色?」みたいな失敗が起こります。

実物を見ていないんだから、こりゃ仕方がない。

だから、私は通販で服を買う場合は、

以前に購入したことのあるメーカー・ブランドに限るようにしています。

 

今回も、実店舗をよく利用しているブランドのものだったので

「試着せずにボトムスを買う」ことは重々承知の上で

購入ボタンを押したのでした。

そのブランドのボトムスは何本か持っていたので、

同じサイズであれば、デザインが違っても体形にフィットするだろうと

希望的観測で買ってしまったのが間違いでした。

 

届いた瞬間は、

生地もしっかりしていて縫製もきれい、

色合いもイメージ通りで気に入ったのですが

実際に着用して外出すると、

何だか「もっさり」「太って」見えちゃう。

 

これって、「洋服」としては致命的。

洋服の目的って、

自分を対外的により良く見せること、であるはずだから

少なくとも裸の自分よりもスタイル良く見せてくれるものでなくちゃ

いけないと思うの・・・。

 

5回、着用したものの

太って見える服って、やっぱり気分が上がらない。

 

まだ新しいから

手放すのに躊躇もありましたが

買い替え割を利用することで、ちょっと罪悪感を軽減させ

あとは持ち前の思い切りの良さを発揮し

「お別れ」することに、決めました。

 

心に刻まなければいけない教訓…

「ボトムスは、絶対に試着してから買うこと!!」

 

何度も失敗を繰り返しているのに

通販って、つい欲しくなっちゃうんだよなぁ…。

 

リビングだって、衣替え。

5月の終わりの、朝。

見慣れたリビングに、なんだか違和感…

f:id:yuringo738:20200530215520j:plain

なんだか、なんだかねェ…

しっくり来ないのよねェ…

体のテンションと心のテンションがリンクしていない感じっていうか…

カレーライス食べてるのに、ソバ食べてる気分っていうか…(謎)

とにかく、なんだか胸のあたりがモゾモゾするんざんす。

 

違和感を感じるコーナーを、

クローズアップしてみる。

f:id:yuringo738:20200530215629j:plain

原因は、この辺りにあるっぽい。

 

これだっ!

f:id:yuringo738:20200530215725j:plain

季節外れの、クリスマスリース

そりゃ違和感あるはずだわ。

だって間もなく「衣替え」だもの。

クリスマスって、いつよ。

半年近く前よ。

どんだけ長々と飾っていたのか…

 

壁の飾りも、季節に合わせて「衣替え」していかないとネ…

ってことで、さっそく家にあったスワッグに、お取替え。

 

f:id:yuringo738:20200530215833j:plain

 

淡々とした色合いが

サマー感ありますな。よしよし。

 

ようやく、我が家にも

「初夏」が到来しましたとさ。

 

悩ましきかな、「手帳」の捨て時。

日本国の女子1000人を対象に

「なかなか捨てられない物☆ランキング」を実施したら

きっと、上位5位にはランクインするであろう品。

「手帳」!!

 

皆様は、何年ぶんくらい保管しているのでしょう。

そして、日本国の女子たちの平均値は、何年ぶんなのでしょう。

 

私も引き出しをチェックしてみました。

2017年からの3年分、ありました。

手前に見開いているのは、現在使っている今年(2020年)の分です。

f:id:yuringo738:20200527223243j:plain

たいして場所を取らないので、

ついつい捨て時を逃してたまっていっちゃう、過去の手帳。

毎日のスケジュールを記入しているものだから、

過去の自分の行動がことこまかに記録されている日記のようなものでもある。

 

すみっこに、

その当時にチェックしていた本やら

心に響いたシャネルの言葉なんかがメモしてあったりね・・・

 

だけども、日々、折に触れてこれらの手帳を見返すかといったら、

答えはNO!!

 

「要か、不要か」でいったら、

間違いなく後者なんだよね。

 

なんだけれどもさ。

なぜだか手放すには、とてつもない思い切りが必要になる

「手帳」。

 

この際、思い切って2017年と2018年の分は、

捨てちゃう? と、思ったけれど…

やっぱり踏ん切りがつかないので、

もうちょっと、とっておくことに決めました。

f:id:yuringo738:20200527224124j:plain

ちなみに、ここ数年、A5サイズの見開きマンスリーをリピートしています。

時間軸のついた分厚い手帳を使っていた時期もあったのですが、

いかんせんかさばるし、重い。

今は軽さ重視で、薄いマンスリーを愛用しています。

 

そのうち、「もう見返さないし、サヨナラしよっかな~」と、

気負うことなく手放せる日が来ると思う。

その日まで、手元に置いておこうと思う過去の手帳。

「匿名」は収納ボックスじゃない。

「扉を閉めてしまえば、中身は見えない。わからない」

「だから、扉の内側が雑然としていようと、薄汚れていようと構わない」…

本当に、そうかな?

 

例えば、冷蔵庫。納戸。たんすの引き出し。メイクボックス。靴箱。

「扉を閉めてしまえば」、確かに他者からは

中身がきれいに整頓されているか、

整理されずに散らかっているかなんて、わからない。

 

でも、自分はごまかせない。

 

扉が閉まっていても、「あの場所」が整頓されていないことを、

「自分」は、わかっている。

 

見えない場所こそ、きれいに。

どうして「内側」をきれいに整えておきたいかっていうと、

それはだれかに「きれいでしょ」と見せびらかすためじゃなくて、

自分が自分に胸を張って生きるため、でもあると思う。

 

「いつでも救急車に乗れます!」と断言できる下着を身に着けたり、

腸内環境を整えるために毎日ヨーグルトを400グラム食べたりするのも

そのためなんじゃないのかな?

(上記の例は、私が実践しているわけではありません)

 

上手に隠したつもりでも、

「扉の内側」は、ちゃーんとそこに、存在する。

 

「匿名」のつもりで、

インターネットに書き込んだ悪口だって、

ちゃーんと「自分」は、知っている。

 

自分自身に胸を張れる生活を。言動を。

「外側」でも「内側」でも、心掛けたいと思う。

 

f:id:yuringo738:20200502121159j:plain

↑扉を取り付けずに、

オープンなままにしておくのも、一つの手かもね!

 

「ごみ」を贈るのは、もうやめよう。

一念発起して家を片付けて

押し入れやら納戸やら

数年、数十年単位で手付かずだった「開かずの間」にも手を付けて

段ボール箱の中から出てきた子供服やら玩具やら、なんやら

「もったいない」からと

身近な人にプレゼントするのは、やめましょう。

 

不要なモノを手放す、つまり「捨てる」ことの罪悪感を

誰かに丸投げするのは、やめましょう。

 

段ボール箱のまま

広ーい広い、「実家」に送るのも、やめましょう。

 

「手放す」と決めたモノは、適正なルートで処理しましょう。

 

幸いにも現代は、

リサイクルショップやボランティア、NPO、メルカリ、フリーマーケット

などなど

自分には不要になったけれども「まだ使えるモノ」「価値を見出してくれる人がいるモノ」を

次へと手渡していける仕組みが、さまざまある。

 

子供服や玩具だけでなく

お歳暮のお菓子、洗剤、ジュース、調味料。

これらも食品も同様。

「うちでは食べないから」と、「善意」で知人に手渡すのは

「アリガタメーワク」ってやつに、なりかねない。

捨てる必要はなくて、

フードバンクに持っていくこともできる。

捨てることがもったいないと思うなら、

「本当に必要としている人」のもとへ届ける手間を

惜しんではいけない。

 

身近な誰かは、

「うちでは使わないから」と古着や食品を手渡されて

「ありがとう」と言って受け取るでしょう。

だがしかし、それは本当に貰ってうれしいモノだろうか。

結果的に「ごみ」を贈ることに、なってはいないか。

 

モノを「手放す」罪悪感を免れるために、

身近な誰かに、持っていく前に。

 

思い切って捨てるか、

「円滑に手放すルート」を、活用しましょう。

f:id:yuringo738:20200523132422j:plain

「今日、いるモノ」が

「明日もいるモノ」とは、限らない。

 

「ご愛顧への感謝」を込めて手渡している、「粗品」も然り。

それって、本当に御社の「営業=ファンを増やすこと」に、

つながっている?

私は使い勝手の悪いボールペンは、もう要りません。

ポストに勝手に入れていくのも、やめてほしいなと思います。

yuringo738.hatenablog.com

 

「これを手放す」と決めたなら

モノにとっても、自分にとっても

心地よく幸せな「その次の道」を探したい。

「不必要なモノ」を、持つということ

服はワンピース2枚、

それに春夏は薄手のカーディガンが、1枚

秋冬はコートが1枚あれば

生活はできるのかもしれない。

パンツも2枚、靴下も2枚。

靴とカバンは、それぞれ1つで十分、ではある。

けど。

私たちの生活が、実際にその「必要最小限」で回るかといったら

難しいんじゃないかな。

 

たくさんはいらない、

けれど、

適度なバリエーションや豊富さは

私たちの暮らしを、楽しく愉快で素敵なものにしてくれる。

「必要でないもの」を、持つこと。

私は悪いことと思わない。

それが生活を豊かに、

人生を愉快に彩ってくれるものであるならば。

 

長女(小4)のピアノコーナー。

なんか、増えてるぞ

f:id:yuringo738:20200521231914j:image

 

んん?

f:id:yuringo738:20200521231935j:image

 

ぬいぐるみ、でした‥

f:id:yuringo738:20200521231940j:image

ぬいぐるみだって、

「必要不可欠」なモノではないけれど。

それでもそれは、彼女の日々に「必要」で、

心を満たしてくれるモノ。

数を減らすことが偉いことではない。

愛せるものに、囲まれて暮らす。

それが一番大事、と思う。

「作りおき」しない、3つの理由。

よく雑誌で見かける「忙しいママのための作りおき時短レシピ」といった料理特集。

土日にまとめて1週間分の仕込みをしておいて、平日は手間をかけずラクしよう!ってやつですね

小4と小2の娘がいる私も、セッセコセッセコ土日に仕込みをして、タッパーを大量に冷蔵庫へ詰め込んでいた時期がありました。

しかし、今はこうした「作りおき」、ほとんどしていません。

 

f:id:yuringo738:20200520041304j:image

ガラーン冷蔵庫LOVE

 

理由は3つ

①その日、食べたいものを食べたい。

→水曜日の夜に、何が食べたいか? なんて、日曜日の私には分からない。

刺身かもしれないし、うどんかもしれない。

作りおきしていたら、体調や食欲にかかわらず「ニンジンのラペ」やら「春キャベツのマリネ」(一例です)を食べ続けなければならない。

 

②義母から不慮の差し入れがある

→共働きで、夫婦ともに割と夜が遅い我が家。

隣町に住む義母が気を遣って、ときどき大量のおかずを届けてくれます。ペースは月に2回くらいかな。

大変、ありがたい! の、ですが、ほんとに大量に持ってきてくれるので、作りおきしていると冷蔵庫に入りきらない&食べ切れない。

いつもできるだけ冷蔵庫はすかすかにしてスタンバイしておきたい。

 

③休みの日に料理したくない

→これ大事。たまの休みは外食したいし、台所に立ち続けたくない。これまた家庭料理の優先順位が高い方なら苦にならないとおもうのですが、私は休みの日は好きな音楽を聴いて本読んで、ビール飲んで子供とゴロゴロしていたい。

料理は簡単に作れるものを、作りたての熱々で。

 

「作りおき、しなくちゃ!」っていうプレッシャーを捨てると、いろいろラクです。

生協の時短セット(下ごしらえ済みの食材がセットになっていて、家で炒めるなどするだけでおかずが作れる)は多用していて、これまた便利。

楽ちんは善なり。

そして手の込んでいない料理のほうが子供たちも喜ぶという不思議。キュウリに味噌付けたやつとか(←おい。)