収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す

使い切る、嬉しさ。新しく買う、楽しさ。

エトヴォスの保湿クリーム、

使い切った!

f:id:yuringo738:20201205172843j:image

かなーり、

こってりテクスチャーで、

顔にべったべたーに塗って寝ると

翌朝フェイスがモッティモティ〜になりました

(コスメの使い心地を表現する語彙が少なくて申し訳ありません)

 

容器をハサミで買って、

指でほじくって最後まで使ったよ

 

使い切るって、

うれしぃ〜

 

すかさず、リピート!

f:id:yuringo738:20201205173235j:image

 

化粧水、美容液、

ファンデに洗顔石鹸

 

通販て便利ね

コロナ禍で変わった購買行動のひとつが

「化粧品を通販で買うようになったこと」だな。

 

そして

やっぱり新しい化粧品のパッケージには

心ときめく私。

 

使い切るのは、うれしい。

新しいモノを迎えるのは、楽しい。

 

冷蔵庫パトロール。庫内には、愛を。

1日に何回も開け閉めする「冷蔵庫」。

だからこそ、その中には「愛」を詰め込んでおきたいわけよ。

 

冷蔵庫パトロール、いってみよう。

いい感じに、すっからかん…

夕飯にはシメジ入りのカレー作って、千切りキャベツとトマトのサラダ作って、

野菜室も空っぽにできるな。

f:id:yuringo738:20201129145537j:plain

 

冷凍庫は…

生協の冷凍食品(味付き肉、しじみ、つくね、鮭、焼きおにぎり)。

あれ、たしかフローズンヨーグルト(アイス)が一個、残っていたはずなんだが…

娘か夫、食べた??

f:id:yuringo738:20201129145546j:plain

 

鍋に残っているポトフも、夕飯で食べきり予定。

中段の六花亭は、生協で取り扱っていたので、ここぞとばかり買った!

バターサンドおいしいよね…

あと最近、冷蔵庫に欠かさず入れているのが「ビヒダス」。

たまたまスーパーで安売りしていたのを2週間くらい前に買って、

夕飯に食べたら翌日、めちゃくちゃ快腸・快便で!!

ちょっとびっくりするくらいスッキリしたので、

もうそれから毎日食べてます。

ほかのヨーグルトでは、こんな経験なかったので、

体に合っているのかもしれません。

プルーンとはちみつ加えて食べているよ。

f:id:yuringo738:20201129145601j:plain

 

ドアポケット。

ビールが鎮座してくれていると、ドア開けたときに嬉しいよね。

ピーナツバターが、容器の底にほんのちょっぴり残っているのが気になるの…

コンソメが切れているから、買い物メモに追加しとかなきゃ…

f:id:yuringo738:20201129145551j:plain

 

繰り返すけれども

冷蔵庫には、愛を詰めておきたいわけよ…

気に入った食材を。体に優しい食材を。心から食べたい、おいしいと思える食材を。

 

だからこそ、詰め込まない。

余白を大切に。

愛には、余韻が大事でしょ。

 

本は、躊躇なく破こう!本棚整理のコツ。

気温が下がってくると、本棚の整理をしたくなる習性があります。

 

f:id:yuringo738:20201128224343j:plain

片付けの鉄則は、「仕分ける項目を適切に設定すること」!

仕分け項目をは3つくらいが、ちょうどいいと思います。

今回、設定した項目は

①残す本(本棚に戻す)

②手放す本(売る、もしくは、処分)

③もう一度読んでから手放す本

 

f:id:yuringo738:20201128224359j:plain

ざっくざく判断、仕分けしていきます。

 

かつては小説や実用系も含めて毎月20~30冊、多い月は50冊くらい本を買っていたのだけど、

30代も半ばとなり「量より質」の読書をしたくなってきて。

今年は意識的に「スローリーディング」を実践しています。

yuringo738.hatenablog.com

 

仕分けが終わったら、まず

①の「残す本」を、まとめて本棚に戻します。

次に、

③の「もう一度読んでから手放す本」を、

1冊ずつ、ざーーーっと見返して、

「気になる箇所があるページ」を、びりびり破っていきます

この時、「後で売ろう」とか考えて躊躇しないこと。

「じっくり読みこまないこと」が大事です。

あくまで、ざーーーっと、そして、躊躇なくびりびり。

で、びりびりしたページはクリアファイルに入れて

「隙間時間」を見つけてちょこちょこ熟読する。

熟読したら、特に気になった部分があれば手帳に言葉を書き残したり、

ページごとノートに張ったりしておく。

「エッセンス」を抽出したら、どんどん手放していく。

本って、「情報が詰まったお茶っぱ」みたいなものだと思う。

「おいしいエッセンス」を抽出して体に取り込むことが大事。

全部を本の形として本棚に並べておくことが大事なんじゃなくて、

本に書かれている情報のひとつかふたつでも、

自分の血肉として身に着けていくことが、効果的な本の読み方だと思うの。

 

ページを破いた本の本体は、②「手放す本」に仕分けていきます。

 

で、大事なのが、その②「手放す本」の処理。

資源ごみとして手放す方法と、リサイクル(売る)の、大きく2通りに分けます。

ページを破いていたり、汚れが目立ったりする本は、早急にひもでしばってしまいます。

仕分けたまま放置しておくと、ずるずると置きっぱなしになっちゃうからね。

素早く、さっさとが大事でやんす。

f:id:yuringo738:20201128224412j:plain

 

もう一つの選択肢、「売る」ですが、

私は「メルカリ」等のフリマアプリは使いません。

理由はこちらに詳しく書いていますが、購入者とのやりとりや梱包、発送などの手間が、得られる対価に比べて膨大だと感じてしまうためです。

yuringo738.hatenablog.com

よーするに、私のような面倒くさがりには向かないのですメルカリ。

 

なので、私は「ブックオフ」一択。

今回は、97冊売れて、4100円になりました。

f:id:yuringo738:20201128230503j:plain

 

本棚にすきまができて、頭のなかもなんだかスッキリした気分になるから不思議。

 

「いまの自分」にとっての、必要な情報は何か?

じっくりと内面に向き合うことで、

これから学ぶべきこと、学びたいこと、新しく手に入れるべき本、が見えてくる。

だから、本棚の整理は定期的に。躊躇なく。

本棚も頭の中も、風通し良くいきたいな、と思うのです。

いつまで「他人のせい」にしてるつもり?片付けも、仕事の悩みも、もろもろも。

何かひとつ、失敗したり思うようにいかないことがあると、

ネガティブ思考のスパイラルにはまって、地の果てまで落ち込む。

私の、悪いくせ。

 

家族が協力してくれないから、自分の時間が持てない…」

上司の采配が下手なせいで、気持ちよく仕事ができない…」

さらには

新型コロナウイルスのせいで、遊びに行けない。ストレスがたまる…」

 

部屋が散らかっているのも、

仕事がうまくいかないのも、

感染が怖くて旅行を泣く泣くキャンセルしたことも

つい「他人のせい」「なにかのせい」にしている自分に気が付いて、

自分の底意地の悪さにさらに落ち込む、という、悪循環。

 

そんなときに、心の引き出しから引っ張り出してくるのは、この言葉。

「過去と他人は、変えられない。未来と自分は、変えられる」

 

フォーカスするべきは、自分で「オールを握ることができる」部分。

どんなに他人の行動を愚痴ったところで、

私には彼ら彼女らの思考や行動を制限する力も権利も、ないのだから。

 

自分で「選ぶことができる」事象にのみ、集中しよう。

 

家族が片付けても、片付けなくても関係ない。

私が、片付けるか、片付けないか。それだけ。

 

上司の采配が悪いか、そうでないかは関係ない。

私が、自分の目の前の仕事に集中できるか、できないか。それだけ。

 

そう考えをスイッチすれば、

「自分の力が及ぶ範囲」で努力できることは、たくさんある。

 

f:id:yuringo738:20201127212040j:plain

 

自分の思考や行動を、自分で「選ぶ」って、大事なことだ。

モノも、いっしょ。

 

おいしいパンを選ぶ。気に入った色の皿を選ぶ。

好きな素材の布巾を選ぶ。良質なオイルと、はちみつを選ぶ。

機能性の高いキッチンツールを、選ぶ。

 

暮らしは、「自分が選んだもの」で、できている。

人生は、「自分が選んだ思考と行動」で、できている。

 

他者のせいにするのはやめて、自分で選ぼう。

私の人生だもの、私の責任で。

紙製の使い捨てマスクケース、良き。

近ごろモヤモヤたまってて調子出ないなか、

今日は県内だけど日帰りだけど一人で車乗って高速道路で出張でなんだか嬉しい。外は雨だけど嬉しい。

サービスエリアのレストランで昼ごはん。

水と一緒に、店の人がこんなのくれた

f:id:yuringo738:20201126125936j:image

 

使い捨てマスクケース、と書いてある

f:id:yuringo738:20201126130018j:image

 

たんなる白いコピー用紙を半分にしたもののようだけど、便利ね、これ。食事時にはマスク外すものね、みなさん。

f:id:yuringo738:20201126130104j:image

 

最近はいろんなとこに、プラ製だったり布製だったりの「マスクケース」売ってるけど、私は持ってないのよ。

持ち物増えるの嫌なんで‥

あと、マスクケースの衛生面もイマイチ信用できず。手入れの手間も増えそうで。

 

だから、ご飯で外すときは

二つに追って膝に置いてるわたし。

それも衛生的にどーよって感じですが。

 

このレストランみたいに、ランチ先で、紙製の使い捨てのマスクケース配ってくれたら便利だよなーと嬉しい気持ちになりましたとさ。

 

てか、これ(紙製使い捨てマスクケース)って、古式ゆかしい日本女子ならバッグにしのばせてると言われてる「懐紙」だよね!

ふところの紙、と書いて、カイシ。

茶席でお菓子を取り分けたり、

和食の席で魚の骨を隠したり、

臨時に詩歌を書きしたためたりする、あれ。

 

使い捨てマスクケースの原点を、懐紙に見たり。

 

ちなみにランチは、鯛茶漬け。

f:id:yuringo738:20201126131251j:image

 

食べて元気だそー。

 

「出せない」ストレス。

手放して、手放して、買ってはまた、手放して‥。

片付けって、「暮らしの新陳代謝」だと思う。

「いま」の暮らしに必要なくなった、古いモノを、家のなかから「出す」こと。

常に余白をつくっておくことで、必要なモノが「新しく」入ってくる。

それは文字通り形のある「物」だったり、ほしい情報だったり、すてきな出会いだったり。

 

身体も一緒で、

食べたら、出す。

そうやって、身体をすこやかに保っている。

 

いま、じわじわと感じている

「出せない」ストレス。

新型ウイルス感染拡大の影響が、心にもきているみたい。

外に出たい。感染が怖い。

不安、恐れ、怒り。

そうした内面の「老廃物」が、どんどん溜まっている気がする。今までになく。

 

攻撃的な考えになったら要注意‥。

他者への八つ当たりというかたちで、自分のストレスを「出す」ことは、したくない。

 

広い高原とかで、アーーーーって思いっきり叫びたい。

温泉に浸かって、わーーーーっと泣きたい。

服やレストランや旅行に、ぱーーーーーっとお金を使いたい。

 

出したい欲求、出せないストレス。

 

f:id:yuringo738:20201125183511j:image

 

カフェの内装に和みました。

 

定額給付金10万円を小2の娘に全額渡してみたら

お題「10万円」

新型コロナウイルス感染症による経済的影響を緩和するために、国から配られた「特別定額給付金」(1人10万円)。

みなさん、使いましたか?

わたしは、とある目的のために貯金しています(後述)

さて、この定額給付金、国民全員に一律に配られたため4人暮らしの我が家には40万円振り込まれました。

銀行で全額引き出して、

夫、娘ふたり、わたしで、仲良く10万円ずつ分けました。

 

特別定額給付金って、いわば「国から貰ったお小遣い」。

小学生の娘にとっては果てしなく高額のお金をぽーんと渡されたことになります。

母は、この機会に、この「降って湧いたお小遣い」を通して、小学生の娘がどんなお金の使い方をするのか見てみたかった。

10万円って、小学生にとっては「大人にとっての500万円」くらいの価値があるものだと思うんだ。

だって私は子供の頃、お年玉袋の3000円があれば世界の果てまで旅できる気持ちでいたよ(あとは自転車があれば完璧)

 

で、我が家の娘。

小4の長女(10歳)は、お気に入りの洋服屋へ連れてけーというので連れていったら、大興奮で4着買ってきた。

長女、おしゃれさんで服好き。

1万5000円分くらい、一気に買ったらあなたいっぱいになったのか「あと貯金しといて」と返してきた。

「はじめて自分の小遣いで買った服」って、愛着もひとしおだよね。

 

小2の次女(8歳)は、想像の斜め上をいく反応を見せた。

モスバーガー、ラーメン屋、ファミレス‥。

外食先で会計のたびに「ママ、私払おうか?」と、「気前のいいアネゴ」化した。

ドヤ顔で財布を出すのが面白くて。

「誰かにご馳走する楽しさ」ってあるよね。貢ぎ過ぎ注意だけど。

これも一つの、お金の使い方だよね。

ファストフードで、次女にご馳走になった。

ありがとよ!

彼女はそのほか、玩具屋でシルバニアファミリーを爆買い。4万円くらい使って、あとは貯金しているみたい。

 

ふたりの価値観の違いが見えて、なんだか面白い経験でした。

 

ちなみにわたしは新型ウイルスが落ち着いたら、満を辞して「VIO脱毛」をやりたいと考えていて、10万円はそのための資金として取ってあります。これも、価値観。