収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す

選ぶ自由と、選ぶ責任。

子供のころは、早く大人になりたかった。大人は「ものごとを選択する力と自由」を持っていると思ったから。

働いてお金を稼いで、自分が好きな服やお菓子や本をおもうさま買って、そして好きな場所に旅行にいって、好きなものを食べたかった。

「ものごとを選択する力」を得る条件の一つは、お金だった。

自分の「好き」を妥協せずに選べるだけの、お金を稼ぐこと。

f:id:yuringo738:20210124155032j:plain

大人になって、「ものごとを自分の意志で選択する力を持つ」ことは、好きな服を買ったり好きな場所に旅行に行ったりする以上に、暮らしの快適さを左右することなのだと感じるようになった。

 

お金だけじゃなくて、ものごとを判断する時の自分なりの「ものさし」を持つこと。

それが、「自分の意志で選択する力」の核になるということ。

 

「クラスで一番の人気者」でも、自分とは気が合わないなあと思ったら無理して取りいる必要はないし(たぶん、相手もそんなこと望んでいない)、

逆に「みんなから敬遠されている人」でも、自分と気が合うなら親しく付き合う。

「みんなから好かれているから」「みんなから嫌われているから」を、判断の軸にしないこと。多数派に、自分を寄せていかないこと。

みんなが喫茶店でアイスコーヒーを頼んでも、ひるまずホットコーヒーを注文すること。みんなが悪口で盛り上がっていても、共感できなければ反応を示さないこと。

 

どんなに小さな物事でも、日々は「選択」の連続で、その積み重ねで今日の私がある。

「選ぶ力」が及ぶ範囲は、収入だけじゃなく、家族の状況や健康、生まれた場所の物理的な条件にも左右されるから、自分が持ちうる「選ぶ力」を最大限、発動させて、心地よい暮らしにつながるだろうなという道を選ぶのがいいと思うの。

判断基準の軸を、「自分自身の快適さ」に置くこと。

それが物事を選ぶ自由ということで、選ぶ責任だと思うの。

努力と才能と運の範囲で、愉快に生きる。

どんなに血のにじむ努力をしたからといって、それが報われるとは限らない。人生の大部分は持って生まれた才能と、その時々の運に多分に左右されるから。

かといって努力がむだとは全く思わない。大事なのは「自分の力では変えることができないもの」(生まれつきの才能と運)と、「自分の力(努力)で変えられる可能性があるもの」を、きちんと見極めることだと思うの。

生まれた時に「配られたカード」…生まれた場所や容姿、先天的な能力、親の人格や家庭の経済事情などなどは自分では選ぶことができないものが多分に含まれる。だから、そのカードの善し悪しを嘆いても仕方なくて「スタート地点はこれだ」ということをあるがまま受け止めて、できるだけ愉快に過ごせる方法を探るしかないと思うの。

「手持ちのカード」にじっくりと向き合って、理想とは程遠いかもしれないけれど、ある程度の資質(才能)があるかもしれない分野に投資する。逆にいえば「投資しても見返りが薄そう」な分野は思い切って損切りする勇気も大事。

人と話すのが苦手なら、人と話さなくてもできる仕事を見つければいい。

文章を書くのが苦手なら、文章を書かなくてもいい仕事を見つければいい。

苦手なものごとに、たくさんの時間と労力を費やしてまで、克服しようなんて思わなくていい。苦手なものごとに取り組む時間って、愉快じゃないじゃん!

全部の要素を平均点に持って行くより、苦手は苦手と割り切って、「得意」と「好き」に、とことん投資すればいいじゃんか。

自分の才能と運をしっかりと見極めて、芽がありそうな部分を後天的な努力でもって補強していく、というのがいいと思うの。

あとは人生には「運」が左右する要素がすごく多いから、努力を過信しすぎず、ある程度流れに身を任せることも愉快に過ごすためには大事と思うの。

努力は報われることもあるし、報われないこともあるけれど、それは「運次第」と割り切ったほうが楽に生きられると思うの。

努力と才能と運の範囲で、愉快に生きよう。

f:id:yuringo738:20211013104400j:image

相変わらずモンブランばかり食べてるわたし。

愉快であることが人生の最優先なんざます。

そんな、水曜日。

秋冬クローゼット19着のすべて。

10月って…こんな…暑い季節だったっけ…? 街中にはまだまだ半袖な人々もたくさん歩いていますが、私のクローゼットは完全秋冬モードに変わっております。

今年の秋冬は「トップス全部白」で統一することに決め、秋冬クローゼットはこんな感じに↓

f:id:yuringo738:20211011085637j:plain

トップスは仕事用ブラウス(全部白系)5着と、カジュアルにも使えるニット(白)1着の計6着。

ジャケットは、仕事にも着ていける3着(黒1、ネイビー2)とデニムジャケット1着の計4着。

ボトムスは、スカート7着。秋冬シーズンは、ズボンは全く履かない私です。雪国に住んでいるので、通勤するにも雪かきするにもスカート+厚手タイツ+ブーツ(長靴)という装いが最も動きやすい。ズボン履くともたつくんよ。裾とか濡れるし。

 

あ、

トップスは全部白、といってましたが例外として厚手のネイビーパーカーも持っています。除草作業とか子供と公園でバドミントンする時とか、汚れを気にせず活動できる普段着も必要なので。トップスは、このネイビーパーカーを含めると計7着ですね。

f:id:yuringo738:20210727155307j:plain

あと、今年の秋冬は、初めて注文した「foufou(フーフー)」の黒いワンピース1着が届く予定です(11月ごろ?)↓

yuringo738.hatenablog.com

 

秋冬クローゼットの全貌をまとめると、以下↓

①トップス:白トップス6着+ネイビーパーカー1着=計7着

②ジャケット:オンオフ兼用3着+デニムジャケット1着=計4着

③ボトムス:スカート7着

④ワンピース1着(11月ごろに届く予定)

・・・・計19着

 

この19着は、10月から3月まで、約半年間の長き日々をともに過ごす大切な仲間です。

f:id:yuringo738:20211011090957j:plain

楽しい日もつらい日も、寒い日も天気の日も。

きみたちがそばにいてくれたら、乗り切れるはずさ。

よろしくねっ!

さよなら、除菌スプレー。

店や会社の入り口に除菌グッズのたぐいが常設されるようになって久しいですが、我が家の玄関にも常駐しています。

f:id:yuringo738:20211010160121j:plain

この白い筒状の品。(パッケージは、ひん剥いてあるけれど)除菌ウエットシートです。近所のドラッグストアに売っている手ごろな商品。ノンアルコールも売っているけど、除菌を目的にするなら断然!!アルコール入りさっ。

f:id:yuringo738:20211010160232j:plain

鎮座~。

学校や仕事から帰宅したら、まずここでマスクを外して、玄関に置いてあるごみ箱に捨てます。次に、ウエットシートで手を拭く。ついでにドアノブと照明のスイッチを拭く。使用済みシートも、玄関のごみ箱にぽい。それから室内に入って洗面所で手を洗う。これが帰宅時のルール。というか、続けているといつの間にか習慣化しているルーティン。

ウエットシートは、さっと取り出せて使い終わったらポイと捨てられるので手間なしらくちん。日々、続けるためには、ちょっとした作業でも「できるだけ手間を省く」というのが重要…面倒くさい(手間がかかる)と、家族の協力を得にくいので。

 

新型ウイルスが流行し始めた最初のころは、液体の除菌スプレーを使っていました。ウエスにシュッと吹きかけて、ドアノブや照明スイッチをふき取る。でもこれ、毎日やるとなると結構な手間でして。結局、スプレーは使い切らないまま1年半が過ぎた。

これが液体除菌スプレーのボトル。例によってパッケージは剝かれており、どこのメーカーのなんて言う商品だったかも不明。↓

f:id:yuringo738:20211010161007j:plain

このまま家に置いておいても使い切ることはないだろう、ということで、このほどもったいないですが手放すことにしました。

除菌グッズ関連の商品はドラッグストアに有象無象雑多に積み上げられていますが、「ストレスなく手間なく続けられるもの」を選ぶのが大事だなと思います。

あと、科学的根拠のない除菌グッズとか、むしろ体にとって毒になりかねない除菌グッズとかには要注意ですね…。皮膚に触れるもの、空気を介して吸い込む可能性のある商品は、信頼できるメーカーのものを選びましょう、そうしましょう。

「悪意」より、厄介なもの。

イジワルな人はイヤだけど、「善意」の顔をして近づいてくる人も厄介なものよね。

「あっ、それ求めていませんよ…?」っていう、子育てに関するアドバイスを延々と語られたりね。

「ほとんど新品だから、使って!」と渡される中古の子ども服とかね。

「善意」で「与えてくる」人の申し出って、なんとなく断りにくいんだよね。

断ったら相手を傷つけちゃうかな? とか、考えちゃうんだよね。

 

でもね。30歳も半ばを過ぎたころ、ふと気づいたんだけど、

きっと「善意の人」って、おおむね鈍感なのよね。「善意で与えるモノ」が、相手にとってアリガタメ―ワクなんじゃないだろうかとか、そこまで深く考えたりしてないような気がする。

「善意の人」に「善意」を返そうと思うと、こちらが疲れてしまうから、最近は本音でシンプルに対応するようにしている。

相手を否定せず、でも、不要な情報や不要な情報は、受け取らない。受け流す。

f:id:yuringo738:20211007000120j:plain

「心地いいモノやコト」は、自分で選ぼう。

 

「善意」で差し出されたモノやコト、つい「受け取らなくちゃ」って思ってきたけれど、いらなければ断る権利があるのです。

ノーサンキュー(笑顔)で、流していこうと思う。

 

好ましい美容室の、条件。

新型ウイルスが流行するちょっと前に、5年ほど担当してもらっていた美容師さんが産休・育休に入ってしまいました。

後任の美容師さんを同じ店舗で紹介していただいたのですが、施術中の会話や間の取り方がいまひとつ、合わない…。

美容室やネイルサロンなど、至近距離で1時間近くやりとりする施術系のサービスを受ける際は、技術の高さはもちろん、コミュニケーションの「相性」が非常に重要なポイントになってくる。

 

ちなみにコミュニケーションの「相性」なので、その担当者の会話スキルの高低ではなく、ただ単に「私にとって、合うか合わないか」の問題。100人中99人にとっては心地よいコミュニケーションを提供している美容師さんだとしても、私には合わないかもしれない。おしゃべり上手な人が万人にとって好まれるかというと、そうでもない。むしろ、寡黙な美容師さんに担当して貰った方がリラックスしていられるという人も多いかも知れない。反対に、仕事や家庭のグチを美容師さんに話してストレス解消につなげている人もいるのだろうと想像する。そういう人にとっては、友達のようにおしゃべりが弾む美容師さんがフィットするのでしょう。

 

私は、完全に前者。寡黙な美容師を好むタイプです。

家族構成や仕事や趣味や、あれこれプライベートなことを話すのは苦手。初めて来店する美容室で、ふだん読んでいる雑誌や子どもの年齢まで聞かれることにも苦手意識を持っています。私は、あんまりしゃべらない美容師さんを求める。

美容室は「衣類のように脱ぐことが出来ない」髪型という、個人の印象を最も大きく左右する重要パーツを扱う職業だから、その人の社会的地位や趣味など、その人の属性にあった髪型を提案するために、その人のパーソナリティーを探ろうとするのはプロとして当然のこと。会話は、お客様のパーソナリティーに関わる情報を収集するための手段の一つ。

それは十分に理解した上で、私は寡黙な美容師を好む。

f:id:yuringo738:20211004211214j:image

それなので、担当美容師さんが休みに入ってしまってからというもの、ちょっと美容室ジプシーだった私。いくつか美容室を転々として、1年ほど前から徒歩圏内の小さな美容室に落ち着いております。

夫婦2人でやっている家庭的な雰囲気のお店で、旦那さんがカット、奥さまがシャンプーを担当してくれる。

お二人とも、必要以上にしゃべらなくて好き。

かといって無愛想かといえば、そういうわけでもなく、適度な距離感を保った温かい接客をしてくれる。帰り際にぼそっと「自分でスタイリングしておいてアレですが…めっちゃいい感じに仕上がってます。お似合いです」と送り出してもらえると、帰路の足取りが弾むよね。上手にお客さんの心を上げるスキル抜群さ。カット技術もレベルが高くて、「朝のスタイリング時間を短くしたい」という注文(カット時にこう伝えて切ってもらうことが多いです)にも応えてくれる。朝、コテで髪をざっと巻いてわしゃわしゃするだけで「それっぽく」見えるヘアが2カ月間持続します。良き!

あと、サロン専売のシャンプーやスタイリング剤を勧めてこない点もポイント高いです。リンス不要のharuシャンプー(ブロガーさんで愛用者の方、多いですよね)を愛用しているから、サロン専売品は不要なのです…。これまで大きいサロンに行くことが多かったから、施術時に使うシャンプーとかトリートメントとか、勧められることが当たり前(勧められると買ってしまうことも多い)だと思っていたけれど、夫婦経営のサロンだと、こういうノルマ的な販売がないんだな。この「専売シャンプーお勧めタイム」がないだけで、なんとリラックスして施術を受けることができることか…としみじみ感動している私です。

 

ミニマルで温かな接客、そして確かな技術。

私が美容室に求めるものは、これであります。

1990年代の無印良品と、雑誌「CUTiE」の残り香。

自分の持ち物の中で、最も「長く使っているモノ」について、考えてみた。

洋服は長くても4、5年で手放しているので、20代のころに購入したモノは皆無。バッグなどの小物を含めても、社会人になる前に購入したモノはもう「卒業」している。

化粧品などの消耗品はいわずもがな…。

家具や家電、食器類も結婚後に揃えたものばかりだし…。

 

と、持ち物との「出合い」を一つ一つ点検してみたところ、

一番長い付き合いとなっているのは、中学1年生のころから使っている「無印良品の定規」っぽい。

f:id:yuringo738:20211004083547j:plain

今でもペンケースに入れて毎日持ち歩いており、現役で活躍中の、この定規。

私はこの10月で37歳の誕生日を迎えますので、中学1年生(13歳)のころから使っているこの定規との付き合いは、もう24年ほどになります。

24年って、ほぼ四半世紀。

f:id:yuringo738:20211004083808j:plain

↑右端に貼りついている「ぷっくりシール」は、これ雑誌「CUTiE(キューティ)」の付録だったような気がする…。安野モヨコさんが「ジェリービーンズ」ってタイトルの漫画を連載していた…。福袋買うために、1月2日はラフォーレ原宿で行列に並んだよね…。

1990年代に少女時代を過ごしたアナタなら覚えているハズ…。「LOVERS HOUS(ラヴァーズハウス)」のキャラクター「ケンアンドメリー」。

ものすごい接着力で、いまだに定規に張り付いたまま落ちない。

 

定規はもう、目盛りの印字は擦り切れていて長さの計測には使えないけれども、真っすぐ線を引くには何の支障もないので、資料や手帳にマーカーペンで傍線引く時にいまも活躍してくれています。

 

定規の素材は金属(ステンレス?)なので、かなり丈夫。欠けたり折れたりは、まずなさそうなので、この調子でいくと50代になっても使っていそう。

 

そこはかとなく1990年代の香りを宿したまま、令和の社会で暮らしの一端を担う古参の定規。

これからも宜しくだよ、我が定規。