収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す

「見せる収納」に、置くべきもの。

家を建てるときに、洗面台の横に「棚」を作ってもらいました。

扉がないタイプ。

コットンやヘアケア用品や綿棒や香水や、

身支度につかうこまごまとしたものを置いて置くスペース。

その時々に応じて、置いてあるモノは増えたり減ったり。

 

こちらは、ある日のビフォー・アフター。

【ビフォー】

f:id:yuringo738:20210618230709j:plain

【アフター】

f:id:yuringo738:20210618230817j:plain

微妙な違いに、お気づきでしょうか。

そうなんです。

「香水」を2本、使い切ったので撤去しました。

f:id:yuringo738:20210618231008j:plain

「重ね付け」を楽しむ、ジョーマローンのコロン。

好き…。

定番だけど、

「イングリッシュペアー&フリージア」と「ピオニー&ブラッシュスエード」の重ね付け、好き…。ふわっと甘くて、さわやかな香り。

 

使い切ったので、かわいい瓶はさよなら。

 

洗面台の横は、オープンな棚だから、

いわゆる「見せる収納」になっている場所。

 

「見せる収納」は、あんまり好きではない私だけど…

↓過去記事参照

yuringo738.hatenablog.com

 

洗面台横の、この棚だけは、例外。

化粧品や香水、石けん、コットン。

大切なじぶんの体を手入れするための「道具」は、

その機能(成分や素材)はもちろんだけど、見た目(パッケージ)の美しさも、とても大事な要素になる。

空間を、ぱっと華やかにしてくれる、愛らしい容器。

 

一度にたくさんは、買わない。

使い切れないほどのモノを、置いておかない。

「見せる収納」は、少なく、徹底的に厳選していたい。

気に入って、毎日使いたいと思う、見た目にも美しい少しの品物たちの居場所。

 

洗面台横の小さな棚は、そんな場所。