収納しないブログ

ワーママ×ミニマル志向。持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す

1か月のコスメ代は約3098円だった話。

2021年における美容関連の支出記録を振り返るシリーズ第3弾・コスメ編でございます。

新しい生活様式に基づくマスク着用の習慣が長期化したことにより、

口紅をはじめとしたコスメ類への支出が激減しております。

集計結果を発表~。

2021年1~12月の「コスメ代」は、計3万7185円でした。

ちなみに基礎化粧品は含まず。一か月あたり約3098円。

ウイルス禍前と比べると、半分くらいになっているかも。

マスクを着けるため、外出時にチークや口紅を塗る機会がほぼなくなったのに加え、

「石けんオフメイク」に切り替えたことが大きな要因だと考えられます。

f:id:yuringo738:20201207221116j:plain

↑固形のパウダーファンデから、「ETVOS(エトヴォス)」のミネラルファンデに切り替えました。ブラシ同梱のサンプルセットは、とってもお得。

 

内訳として、1年間に購入したコスメをリストにしてみまっす。

※通販のポイント割引などを利用しているため、メーカー公式サイトなどの定価とは異なります。

①眉マスカラ(エトヴォス)…900円

②ミネラルシルキーヴェール※仕上げ用おしろい(エトヴォス)…3300円

③チーク(エトヴォス)…3516円

④マットスムースミネラルファンデ(エトヴォス・詰め替え)…2343円

⑤ナイトミネラルファンデ※下地(同上)…2090円

⑥アイブロウ(ドラコス)…880円

⑦マスカラ(フローフシ)…1650円

⑧ミネラルUVパウダー※粉状の日焼け止め(エトヴォス)…3080円

⑨アイブロウ(ドラコス)…880円

⑩アイライナー(同上)…1320円

⑪ミネラルファンデ、ナイトミネラルファンデ(エトヴォス・各詰め替え)…4433円

⑫ミネラルファンデ、ナイトミネラルファンデ(エトヴォス・各詰め替え)…660円

※ポイント利用で割引適用。

⑬アイブロウペンシル(替え×2本、エレガンス)…3960円

⑭ミネラルファンデ、ナイトミネラルファンデ(エトヴォス・各詰め替え)…4433円

⑮アイブロウパウダー(KATE)…1210円

⑯リップ(マキアージュ)…2530円

合計…3万7185円。

 

ファンデーションと下地(いずれもエトヴォスのパウダー)は、このうち3分の2近い2万339円を占めます。

リップはマキアージュの1本、チークも石けんオフできるエトヴォス製品を1種類、あとは眉マスカラやアイブロウ、パウダーなど眉メイク関連が1万5千円くらい。

 

アイシャドーは昨年買ったものを、ずっと使い続けていた…↓

f:id:yuringo738:20201211213616j:plain

これもエトヴォス。手持ちコスメのエトヴォス率すごい。

 

「賞味期限切れ」のコスメも、たくさん手放しました↓

f:id:yuringo738:20210704094022j:plain

ファンデを石けんオフできるミネラル系に替えてから、ニキビができなくなったと実感している。マスク生活が終わっても、たぶんファンデはずっとエトヴォスを使い続けると思う。

 

2021年の美容関連支出を振り返るシリーズ、バックナンバーも宜しければご高覧くださいませ。

第1弾:ネイル編…5万3745円 ↓

yuringo738.hatenablog.com

 

第2弾:ヘアケア編…9万1266円 ↓

yuringo738.hatenablog.com

 

支出の総額をみると、いまの私の美容における優先度は

ヘアケア>ネイル>コスメ…の順番なのかもしれません。

おそらく、来年以降もこの傾向は変わらない気がする。

メイクはいよいよナチュラルに、遠目の印象を大きく左右するヘアケアや、自身の心の潤いに直結するネイルのケアには、思い切って投資する。

37歳、美容の関心項目はコスメではなく、ヘア&ネイルケアに移行していることが支出メモからも明らかになりました。

 

次回は、基礎化粧品の支出メモをまとめる予定です。

みなさま、素敵な週末を~。