収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

最強のコスパ服だったよ!着用単価62円、BOSCHのカットソーを、手放す。

こんにちは。

4連休ですが、せっせと家の中を整えています。

床に落ちた消しゴムかす(娘ズの宿題の残骸)を拾ったりして地味楽しい休日です。

なんやかやで2か月ぶりのブログ更新です。

洋服を手放したお話です。

 

お仕事コーデに、プライベートに

ワードローブの屋台骨となってくれていた、「BOSCH」のボーダーカットソー。

f:id:yuringo738:20200725154709j:plain

 

今年もゴールデンウイークの前後から登場回数が増えて

ヘビロテで着ていたお気に入りの1着。

ですが、ふと…

生地が薄くなっている…

黒の部分が色あせてきている…

なんだか「傷み」が気になり始めた。

 

こういう「うっすら違和感」を抱いた時が

「洋服との関係」を見直すタイミング。

 

このカットソー、BOSCHのセール(通販)で購入したアイテム。

購入価格は5184円で、かなりお買い得な1着でした。

春夏は月5、6回着用しており、2020年7月25日現在での着用回数は

「計83回」。

購入価格を着用回数で割った「着用単価」は、約62円。

 

ファストファッションのお店で買った服も

着用単価が60円台になることって、そうそうないと思うの。

 

生地もしっかりしているから、

着まくって洗濯しまくってもへたることなく

私のワードローブを支えてくれました。

 

↓↓着用単価は、オリジナルのエクセルシートで管理しています↓↓

f:id:yuringo738:20200531000654j:plain

 

穴が開いたり破けたりしたわけではないけれど

「今までありがとう」の思いを込めて

手放すことにしました。

 

そう、穴が開いたり破けたりしていない

「ちょっと古びてきたけれど、まだ着られるアイテム」…

手放すことに「もったいない」と感じる人も、多いと思う

こんな洋服に、潔く「ありがとう、さようなら」をするかどうかが

「クローゼットが魔窟になるか、どうか」の分かれ道…

そんな風に、思うのです。

 

ゆたたんの実家には、こういう「着られるけれど、もう着ない服」が

押し入れにもクローゼットにも、山ほど詰め込まれていた。

父も母も祖母も、捨てない・捨てられないタイプだったんだよね。

 

詰め込まれて忘れられて、

私にはその洋服たちが泣いているみたいに思えたんだよ。

 

「洋服の役割」の大きなものの一つが、

「着ることで、自分をより素敵に見せること」だと思っているから

「着られるけれど、もう着ない」と思った洋服は

収納スペースに「とりあえず置いておく」なんてことはしないで

納得ずくで手放していきたいと思うんだ。

 

そのタイミングが

「ちょっと生地が薄くなってきた?」「なんだか、色あせてきた?」

…そんな、かすかな違和感を抱い時だと思うのです。

 

納得して手放すには、

「たくさんたくさん着たぞ!」と、胸を張れることも大事だと思うの。

そんな時に背中を押してくれるのが、「着用単価」の考え方。

買うときに「この洋服は何回、着るだろうか?」「その回数の洗濯に耐えられる品質dろうか?」「想定される着用回数に見合った価格だろうか?」を、きちんと考えてみることも大事。

「入り口」で妥当な価格と品質だと判断したら、

たくさん愛して、たくさん着てあげたい。

 

そして役目を終えた洋服は、

感謝の気持ちで手放していく。

 

買うこと、持つこと、手放すこと。

いずれにも自覚的でいたい、としみじみ思うのです。

 

↓↓洋服の「着用単価」については、過去記事にもいろいろ書いているので、

宜しければどうぞ☆↓↓

yuringo738.hatenablog.com

 

yuringo738.hatenablog.com


yuringo738.hatenablog.com

yuringo738.hatenablog.com