収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

ミニマルな旅に、ミニマルな進化系カプセルホテル。

3泊4日の、京都ひとり旅から帰ってきました。収納しない系お片付けブロガーの優多です。

今回は観光客で賑わう河原町にある、ミニマルでスタイリッシュなカプセルホテル「THE Millennials(ザ ミレニアルズ)」に連泊したよ。

宿泊ユニットの広さは、ベッド1つ分と非常にミニマル(3㎡)。だけど天井が通常の部屋のように高いので、圧迫感は控えめです。この「秘密基地」的な感じ…ミニマルライフの局地が味わえます。

頭上に棚があるので、着替えや化粧品などはキャリーケースから取り出して並べておけます。

ベッド下が収納になっていたので、キャリーケースはここへ。

引き出し式の収納。キャリーケースを開いたまま入れておけるので、荷物の入れ替えがとってもスムーズ。

照明のオンオフや、ベッドの位置の変更(ベッドタイプにしたり、ソファタイプにしたりと調節ができます)は枕元に設置されたipodで操作。ハイテクな感じ、楽しいです。

コンパクトな宿泊ユニットながらも、壁面には鏡やハンガーをかけるためのバーが設置されていて、荷物の整理に困ることはありません。

京都府の観光キャンペーンが適用され、宿泊費は2泊で1万1,200円。

3千円分のお買い物クーポンももらえました。

 

トイレ、シャワー、洗面台は共有。各フロアに専用スペースが設置されていて、女性専用階があるのでセキュリティー面も不安はありません。

 

ちなみに8階がフロント&広い共有スペースになっていて、ビールを飲んだり談笑したりするほか、PCを開いてお仕事している人も多くいました。

 

街歩きがメーンのひとり旅には、これくらいミニマルでシンプルなカプセルホテルがむしろ、居心地が良いなあと感じました。家族旅行では味わえない、「無駄を削ぎ落とした最小限の機能」を満喫できたよ。

 

「ミニマルな旅」に関する過去記事はこちら▽

yuringo738.hatenablog.com

yuringo738.hatenablog.com

また京都に行くときは、ここに泊まりたいな。「ミニマルなひとり旅」を後押ししてくれる、進化系カプセルホテルの魅力にはまりつつあります。