収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

「着用単価でみるコスパ服」ベスト5を公開。

「洋服のコスパ」を「着用単価」という指標で測るシリーズ。

着用単価を求める式は「購入価格÷着用回数」。例えば1万円のセーターの場合、着用した日数が10日なら「1万円÷10回」で、着用単価は1000円となります。20回着れば、着用単価は半分の500円に下がります。

着用単価は数字が小さいほど「コスパ良好」ということを表す指標です。

 

私の手持ちの洋服はオールシーズンで34着(コートと喪服を除く)。その中でも、着用単価が最も小さい「極上のコスパ服」のベスト5を紹介してみたいと思います。

5位から順番に発表しまーす。

 

【第5位】

SOEJU(ソージュ)の9分丈パンツ(ネイビー)…319円!

購入時期は2021年1月。購入価格は1万6280円。総着用回数は51回。

☆ちょうど一年前に購入した、ソージュの定番シンプルパンツ。色違いで黒とライトグレーも持っていますが、ネイビーが1番登場回数が多い。

 

【第4位】

IENA(イエナ)のロングスカート(ベージュ)…261円!

購入時期は2019年4月。購入価格は1万2507円。総着用回数は48回。

☆半袖にも長袖にもセーターにもパーカーにも合わせられる万能スカート。活用の幅が広く堂々の4位ランクイン。

 

【第3位】

SOEJU(ソージュ)の半袖カットソー(ピンク)…243円!

購入時期は2020年8月。購入価格は1万1440円。総着用回数は47回。

☆ソージュの服、またまたランクイン。こちらは色違いで白、黒、ネイビーを持っています。ピンクを一番着ているのはちょっと意外でした。

 

【第2位】

ユナイテッドトーキョーのノーカラージャケット(ネイビー)…216円!

購入時期は2020年2月。購入価格は1万8825円。総着用回数は87回。

☆シンプルジャケットは仕事でフル活用。日本製で2万円以下と価格も秀逸。着用単価は驚きの216円。ジャケットで着用単価が200円台になるのは相当のコスパ服です。今年もたくさん着るよー!

f:id:yuringo738:20220103105128j:image

 

【第1位】

ROSSO(ロッソ)のデニムジャケット…123円!

購入時期は2018年9月。購入価格は8584円。総着用回数は70回。

☆購入から4年近く、手持ち服の中でも古参の1枚がコスパ服の女王です。着用単価は他の追随を許さない驚愕の123円。まだまだ着るよー!目指せ着用単価100円以下!

 

…以上、「着用単価からみるコスパ服ベスト5」でした。

気分を上げてくれる洋服は「コスパ」だけでは測れない面もあるけれど、衝動買いやセール買いの失敗を減らすのに「着用単価」の考え方は有効だよ。

f:id:yuringo738:20220103110209j:image

たくさん愛せる服だけが詰まった、幸せなクローゼットがほしいの。