収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

「手作り信仰」を、捨てよ。

私は、ジャムを煮ません。ケーキも焼きません。天ぷらも揚げません。セーターも編みません。夜なべをして手袋を編むなんて論外です。

これらのものは、手作りするより、信頼できる店で買ったほうが美味しいし見た目にもきれいだし、時間の節約になることが明白だからです。

働いて、お金を稼いで、自分の好みのおいしくて美しいものを心置きなく買うのが、私の人生の楽しみの一つです。

過度な「手作り信仰」を捨てると、とても気持ちが軽くなります。

f:id:yuringo738:20210831200642j:image

料理が得意ではなく好きではないなら、毎日お総菜を買ったって、いいのです。

掃除が得意ではなく好きではないなら、お掃除ロボットに頼ったり、ハウスキーパーさんを雇ったりして、いいのです。

手芸が得意ではなく好きではないなら、洋服を縫う必要もないし、子どものために眠い目をこすって手袋を編む必要もないのです。得意ではなく好きではない物事に、無理に時間を費やして、さらに不愉快な気分を募らせるなんて、非常に不毛です。

だったら得意な仕事で愉快にお金を稼いで、「手作り、しません!」とにっこり笑って胸を張れば良いではありませんか。私が気持ち良く支払うそのお金は、素敵なあのお店にとっての「血液」となり、さらにおいしく美しい商品を生み出すための原資となるのです。

そんな思いで、堂々と生きれば良いではありませんか。

お金で買える素敵なものは、手作りせずに買えばいいのです。

「手作りしなきゃ」なんて気負う必要はないのです。自分で作った方がおいしいと感じられるものだったり、作ること自体が楽しい体験だと思えたりすること以外は、手放したっていいのです。

ちなみに、私はジャムを煮ないしケーキも焼かないし天ぷらも揚げませんが、ギョーザを手で包む作業はやるし子どもと一緒にホットケーキは焼くし鉛筆を小刀で削るのも得意です。いずれも、作ること自体が楽しく得意だから取り組むのであります。

過度な手作り信仰は、手放して気楽に生きましょう。

時は金なり。