収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

雑談が億劫で、嘘をついてしまった話。

「雑談」って難しいよねェ…。収納しない系お片付けブロガーの優多(ゆた)です。

人間ドックの便潜血検査が陽性判定となり、今月半ばに人生初となる大腸内視鏡検査を受けたのは既報の通り。検査を受けるクリニックへ事前診察に行った際、看護師さんに「当日はジェルネイルを外して来て下さい」と指導されました。内視鏡検査では、検査器具で腸壁を傷つけてしまい緊急オペ等になってしまう可能性がゼロではないため、万が一に備えての処置です。

 

急だったので、いきつけのサロンは予約が取れませんでした。

そのため、ホットペッパービューティーで当日枠が空いていた近場のサロンを検索し、即予約。仕事帰りにネイルオフをしました。

 

私は「美容系サービス」の新規開拓が苦手です。ネイルもヘアサロンも、気が合うスタッフがいるお店に通い続けます。美容師さんが他店へ移籍すれば付いていきます。いま通っているネイルサロンも、店舗の移転を繰り返して現在は3カ所目。もう10年近く、同じネイリストさんに施術をお願いしています。

施術にかかる1~2時間、至近距離で過ごす人たちなので、「波長が合う」というのは大事な要素。相性の善し悪しで、サロンで過ごす時間の快適度が変わってきます。美容系サービスは、特に「心地よく過ごせる」というのが店選びの重要なポイントになってきます。

 

そんな私が、久々に「一見さん」として訪問したネイルサロン。

担当してくれたのは、20代後半(推定)のオシャレスタッフ・マミさん(仮名)。マスクで顔の下半分は見えませんが、かなりの美人さんです。

席に案内され、施術スタート。金属製のスティックで私の爪に載ったジェルを削り取りながら、マミさんは「ジェルネイル歴はどれくらいですか~?」「どうしてオフするんですか~?」と矢継ぎ早に質問を飛ばしてきました。

一回りも年齢が離れた年下のオシャレ女子に、「実は大腸内視鏡検査を受けることなって…」と健康に関わる身の上話をするほど肝が据わったアタイではありません。オフの施術にかかる60分を無難に切り抜けるためのシナリオを2秒で巡らせ、「料理教室に通い始めるので、ネイルを外さなければいけなくなって~」と「その場しのぎのウソ」をついてしまいました。それが間違いでした。

マミさん、「え~、その教室さん、規則厳しくないですか?それってどこですか?」「●●っていう料理教室に通っているお客さんいますけど、そこはネイルOKみたいですよ」「どんな料理を習うんですか?」「お料理、お好きなんですか?」「得意料理ってありますか?」と、ここでも質問の矢に攻めまくられる羽目に。

満身創痍のアタイ…「え~、個人でやってるお料理の先生でぇ…」「厳しい料理教室に当たっちゃったみたいですねェ…」「簡単な料理しかしなくてェ…でも年末年始に凝った煮込み料理とか作れたらいいかなとか思ってェ…」とウソ八百の解答をひねり出し、「架空の料理教室トーク」を60分間、繰り広げました。

 

疲弊…。

 

こんなことなら、素直に「検査のためです」と事実を伝えるか、「ネイルをちょっとお休みしたくなって」と当たり障りのない答えで濁せば良かったな…と反省しました。雑談でウソをつくと、自分自身が苦しい思いをすると実感した出来事でした。

 

その後、すっぴんの爪で迎えた検査の結果は「異常なし」とのことで一安心。すぐにいつものサロンを予約して、慣れ親しんだネイリストさんに塗り直してもらいました。

f:id:yuringo738:20231201090503p:image

薬指にクリスマス仕様のラメを散らしてもらい、ホリデーシーズンを楽しみます。

 

いい感じの40代を目指して、来年は大人としての「雑談力」をより一層磨かねば…との思いを新たにしています。

 

明日も愉快な人生を~。