収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

2022年のコスメ代、月額6,450円だった話。

今年1年間のコスメ代が…昨年比で倍増したという驚愕の事実が判明いたしました…。

おこんばんは、雪国生まれだからといって寒さに強いわけではない収納しない系お片付けブロガー優多(ゆた)です。

2022年も残すところ3週間ということで、昨年に引き続き「美容関連の支出」をまとめました。コスメ編、基礎化粧品編、ヘアケア編、ネイル編、まつ毛編に分けてご紹介してゆきます。初回は「コスメ編」。

早速ですが、集計結果から発表いたします。

2022年1月〜12月の「コスメ代」は、計7万7,278円でした。

1ヶ月あたり約6,450円。

昨年(2021年)の年間コスメ代は計3万7,185円、月額約3,098円だったので、

ほぼ倍増していることになります。ウッソー、あたい、そんなに化粧品買ってた??

はい。買っていましたね。

新型ウイルス禍の影響による外出自粛のマインドが低減し、飲み会や旅行といった楽しい予定が目白押しだった2022年。レジャーの機会が増えるのに比例して、コスメ需要も戻ってきました。昨年はほとんど塗らなかった口紅も、2022だけで4本(グロスを含めると5本)購入。

KATEのリップモンスターは1本1700円とお手頃なのに超絶美発色&マスクに移りにくい。2022年に購入した口紅4本のうち、3本はリップモンスターです。(もう1本はイガリシノブさんプロデュース「フーミー」のWant・茶色のリップ)

あとは、2年くらい続けていた「石けんで落ちるミネラルファンデ」の使用を休止したこともコスメ代アップに影響しています。

「石けんオフコスメ」や「洗顔料で落ちる日焼け止め」が、実際には石けんで落ち切らずに肌に残ってしまうのが気になっていて(肌に残っても問題のない成分なのかも知れませんが)。クレンジングを復活させたのですよね。それなら、ファンデも石けん落ちコスメではなくて密着度の高いパウダーファンデに切り替えても良いかもね、ということで、かつて愛用していたアルビオンに出戻りしたのであります。

クレンジングを復活した話は、こちら▽

yuringo738.hatenablog.com

 

しばらく付けていなかった「チーク」も復活させました。

KATEのアイブロウパウダーはもう何度目のリピートでしょう。

 

昨年(2021年)のコスメ代まとめは過去記事に▽

yuringo738.hatenablog.com

楽しく年齢を重ねたいよ。な過去記事も宜しくです▽

yuringo738.hatenablog.com

コスメ代の支出倍増は、新型ウイルス禍による自粛の反動なのでしょう。

集計しながら驚きつつも、満足度の高い支出だったかな、と納得したいと思います。

好きなメイクをして、気の合う人とおしゃべりしたりご飯を食べたりお酒を飲んだりできるって、幸せなことだよね。

 

美容関連支出のまとめは、順次公開してゆきます。

みなさま残り3週間、2022年を気楽に愉快に駆け抜けましょう。6