収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

壊れた傘、捨てずに直そっ。

1カ月ほど前、人生で初めて「傘を修理に出す」という経験をしました。

f:id:yuringo738:20220131224228j:image

傘の骨を中心部でまとめている部品(名称不明)が壊れてしまったようで、長傘を開いた時に、金具がカチッと留まらない。ちゃんと開いた状態にならない。

ちょっと離れた商店街に、修理も受け付けている傘の専門店があるのを知っていたので、持って行きました。

 

1週間ほどで、無事に修理されて戻ってきました。

f:id:yuringo738:20220131224238j:image

カチッと開く~。留まる~。気持ちいい~。地味に感動。

自治体の子育てカードで5%引きしてくれて、修理費用は836円。何だか申し訳ないくらい安かった。

 

去年の夏に2000円くらいで買った、晴雨兼用傘。

壊れた傘は処分して、新しいものを買おうか…という思いがチラッと頭をよぎったけれど、思い切って修理に出して良かった。小さな部品を取り換えるだけで、まだ十分、使えるんだもん。

f:id:yuringo738:20220131224253j:image

丁寧に修理してくれた、専門店の店員さんにも感謝です。ホームページで調べてみたら、日本洋傘振興協議会が認定する「アンブレラ・マイスター」なる専門員さんがいて、修理だけでなく、日傘のクリーニングや撥水防水加工も取り扱っているらしい。こんな素敵な専門店が地元にあったなんて…。重ねて感動。

「直して、長く使う」って、なんだか良いね。修理に出して戻って来た傘には、以前よりも愛着が増した気がするよ。

 

大事に使わせていただきます。

 

ちなみに、リンクを張るために日本洋傘振興協議会のホームページ(https://jupa.gr.jp/)を開いてみたところ、想像以上の楽しさでした。正しい傘の使い方やら、「世界の傘事情」なるコラムやら、傘にまつわる本の紹介(小説、絵本、実用書など傘にまつわるありとあらゆる書籍のブックレビュー)やら、街角傘美人(傘を差した美女のポートレート)やら、「雨やどり川柳」やら、かなり上質なセンスの持ち主が運営しているとみた。

皆さま、お暇な時にぜひ覗いてみることをお勧めいたします。手持ちの傘を大事にしようという気持ちが湧くこと必至。

 

そんな、月曜日。