収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

手持ちの44着をリストアップ。2017年購入のワンピとスカートを、手放す。

週末は、またまた大雪の予報。

娘たちと行く予定だった映画(約束のネバーランド)は延期して、

家で楽しくお片付けとしゃれこもう。

 

クローゼットを、もうすこしスリムにしたくて。

現在、手持ちの服は全部で44着(コート類、黒フォーマル含む)

アタマのなかを整理するために、それぞれの購入年月と購入価格を、パソコンで一覧表にしてみた。

f:id:yuringo738:20210129214557j:plain

 

わたしのクローゼットで最古参なのは、

2015年2月に購入した、トゥモローランドのボーダーカットソー。

これはもう100回近く着用していて、かなりくたびれているのだけれど、

PTAの草刈りイベントなどで着る「2軍服」として、保管してある。

詳しくは過去記事に↓

yuringo738.hatenablog.com

 

その次に、クローゼットに長く住んでいる洋服は、

その次が、ROSSOで買ったグレージュのマキシワンピ(ノースリーブ)。同じ生地の腰ベルト付き。

2017年7月に購入したもの

軽い着心地で洗濯してもすぐ乾くので、夏は毎週末、これを着て過ごしていたのだけれど、夏を4シーズン経て、そろそろ生地もくたびれてきた感じ。

 

ワンピの次に古いのは、BOSCH千鳥格子柄のタイトスカート。

ハイウエストめで、これまた上記のワンピと同じく、同じ千鳥格子の布でできた腰ベルト付き。2017年にはやっていたのか? 腰ベルト。

2017年10月に購入したもので、そろそろデザイン的にも「昔の服」っぽさが出てきた。

 

この2着は、手放しどきかもしれません。

まだほかにも、手放す洋服があると思います。

 

洋服は、やっぱり、ある意味で「生もの」だから。

己のからだも、心も年を重ねていく中で、着たいものも、当然、変わっていく。

クローゼットは、風通し良く、「鮮度良く」保ちたい。

 

明日はゆっくり、クローゼットと向き合って、

「手放すもの」を見極める予定!