収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

デニムが1本もなくても、生きてゆけます。

先週の爆雪に続いて、今週は朝から冷たい雨が降り続いています。

こんな日は、ふだんなかなか時間が取れない、洋服の手入れにいそしむことにしましょう、そうしましょう。

f:id:yuringo738:20210116211915j:plain

スカート裏の裾のほつれおハサミで取り除いたり、

ジャケットの袖口の毛玉を取ったり、

セーターにブラシをかけたり。

 

数が少ない分、1枚1枚に、きちんと愛情を注いであげたいよ。

 

幅1メートルほどの小さなスペースに収まるワードローブ。

夏服、冬服含めて40着ほどで毎日のコーディネートは、事足りる。

あらためて手持ちの洋服を眺めてみると、自分の好みがよくわかる。

例えば…

☆ジャケットは断然、ネイビー派。

☆パンツより、スカートが好き。

☆トップスは基本、白。

☆スカートなら、断然「膝下のタイト」。

 

そして、私はデニム(ジーパン)を1本も、持っていない。

おしゃれの指南本には、よく「基本アイテム」として挙げられている、デニム。

ニットやボーダーカットソー、シャツなどなど、さまざまなトップスに合わせることができる「基本アイテム」とされる、デニム。

 

子供が保育園に通っていたころは、運動会用に1本持っていた。ユニクロのやつ。

それも、次女の入学と同時に2年前、手放した。

それ以来、ずっとノーデニムで過ごしている。

 

むかしから、デニムの「ぴたっと感」が、あんまり好きではなくての…。

そもそもパンツより、スカート派なのもあり、デニムを履きたいとは全然思わないのです。

 

町内の草刈り的な用事には、ジャージで行くし。

ジャージいいよ最高。

 

多くの人にとって「基本アイテム」であろうとも…

自分にとって必要でないモノ、着ていて心地よいと感じられないモノは、

無理して取り入れることはないと思うの。

 

 

デニムが1本もなくたって、全然へっちゃら、困らない。

私のクローゼットはきっとこれからも、「NOデニム」。

極寒のなかの雪かきだって、

膝下スカートに極暖タイツと長靴はいて、バリバリやっちゃうよ!