収納しないブログ

ワーママ×ミニマル志向。持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す

さよなら、ファッション誌。

新型コロナウイルス禍で、圧倒的に手に取らなくなった(購入しなくなった)モノ。

その一つに、「ファッション誌」がある。

 

感染が本格的に拡大する前から、なんとなーく感じていたことではあったのだけれど↓

yuringo738.hatenablog.com

 

夏頃の第2波、年末からの感染の再拡大、そして首都圏をはじめとした「緊急事態宣言」の再発令。毎年、2、3回は買い物やらなんやらで出かけていた東京にも、昨年は1回も行かずじまい。それどころか急にテレワークが推奨されるわ飲み会も極力控えるようお達しが出るわ、軒並み外出の機会が減る始末。

つくづく…

「洋服」って、相当の割合で「対他者」のために纏うものだったんだなあ…と、

身に染みて感じている。

旅行にも飲み会にも、仕事にも行かなくていいとなったら、

「新しい(しかも、わりといいお値段の)おべべ」なんて

買う必要がなくなってくるよね。

 

そんなこんなで、アパレル関係は相当に厳しい状況にあるのだろうなと、容易に想像できる。好きなブランドもセールが始まっているけれど、いい感じに素敵なジャケットが50%オフでも「在庫あり」のまま何日間も表示されているもん。(オンラインショップ)。売れないのだろうな、服。

実際、私も今年こそは買い換えようと思っていたコートの購入を見送ったし。だって着ていく場所がないんだもん。

 

ファッション誌も、ずいぶんご無沙汰だよ。

「マスクと洋服のコーデ」を提案している女性誌もあるようだけれども、う~ん…。ねえ…。自分の財布を開くまでの、購買意欲につながらないのです。

 

そんなこんなで、本格的に「さよなら、ファッション誌」って感じになっています。

 

少数精鋭のクローゼットを眺めながら、今年はもっともっとアイテムを絞り込んで、実験的なくらいミニマムなワードローブを目指したいなと思っているところです。

例えば、同じブランドの同じデザインの「色違い」のスカートを3枚そろえて、仕事用のボトムスはそれだけにするとか。

トップスは白のブラウスを5枚そろえて、月~金で1回ずつ着て土曜日にまとめて洗濯するとか。

パンプスは1シーズンではきつぶす!と決めて、1足を半年ずっと履き続けるとか。

 

ファッション誌からはとことん、距離を置いて、洋服と自分との関係を見つめ直してみたいと思う。

 

さよなら、ファッション誌。

 

私は本当に着たいと思える服を、「流行り」とは別の軸で、選んでいきたいと思っている。