収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

いつまで「他人のせい」にしてるつもり?片付けも、仕事の悩みも、もろもろも。

何かひとつ、失敗したり思うようにいかないことがあると、

ネガティブ思考のスパイラルにはまって、地の果てまで落ち込む。

私の、悪いくせ。

 

家族が協力してくれないから、自分の時間が持てない…」

上司の采配が下手なせいで、気持ちよく仕事ができない…」

さらには

新型コロナウイルスのせいで、遊びに行けない。ストレスがたまる…」

 

部屋が散らかっているのも、

仕事がうまくいかないのも、

感染が怖くて旅行を泣く泣くキャンセルしたことも

つい「他人のせい」「なにかのせい」にしている自分に気が付いて、

自分の底意地の悪さにさらに落ち込む、という、悪循環。

 

そんなときに、心の引き出しから引っ張り出してくるのは、この言葉。

「過去と他人は、変えられない。未来と自分は、変えられる」

 

フォーカスするべきは、自分で「オールを握ることができる」部分。

どんなに他人の行動を愚痴ったところで、

私には彼ら彼女らの思考や行動を制限する力も権利も、ないのだから。

 

自分で「選ぶことができる」事象にのみ、集中しよう。

 

家族が片付けても、片付けなくても関係ない。

私が、片付けるか、片付けないか。それだけ。

 

上司の采配が悪いか、そうでないかは関係ない。

私が、自分の目の前の仕事に集中できるか、できないか。それだけ。

 

そう考えをスイッチすれば、

「自分の力が及ぶ範囲」で努力できることは、たくさんある。

 

f:id:yuringo738:20201127212040j:plain

 

自分の思考や行動を、自分で「選ぶ」って、大事なことだ。

モノも、いっしょ。

 

おいしいパンを選ぶ。気に入った色の皿を選ぶ。

好きな素材の布巾を選ぶ。良質なオイルと、はちみつを選ぶ。

機能性の高いキッチンツールを、選ぶ。

 

暮らしは、「自分が選んだもの」で、できている。

人生は、「自分が選んだ思考と行動」で、できている。

 

他者のせいにするのはやめて、自分で選ぼう。

私の人生だもの、私の責任で。