収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

空っぽ冷蔵庫デー。その隙間を、余白を、愛そう。

私がこよなく愛するもの、

それは隙間。

例えば冷蔵庫の中、

食材をほぼ使い切って、すかすかの棚。

f:id:yuringo738:20200902081400j:plain

入っているのは

味噌、バター、プロテイン(夫用)

常備菜の漬物、タッパー×3(おかずの残り)

 

隙間は、余白。

なんでも入れられるという可能性。

 

ぎゅうぎゅうに詰まった状態では、

「いま、何がほしいか?」を自由に考えることが、難しい

 

管理されないまま、たくさんの食べ物が傷んで腐っていくのは悲しい

 

できるだけ空っぽに、

定期的に隙間を、余白を生んでいく。

 

ちなみに、冷蔵庫ポケット。

f:id:yuringo738:20200902081404j:plain

「もうすぐなくなりそう」な調味料をチェック。

ドレッシング、ぽん酢、みかんシロップ(生協で購入。水などで割ってジュースにして飲む)、ソース、マヨネーズがもうすぐなくなりそう。

 

大容量パックは買わない。

小さめサイズをこまめに使い切っていきたい。

 

チルド室も…

しらす、生ハム、納豆、ソーセージなどなど。

詰め込まないようにを心掛けているけれど、

ちょっと「詰まってきたな」と思ったら

早めに使い切る、食べきる。

f:id:yuringo738:20200902081410j:plain

 

納豆についているたれ、からし、スーパーの寿司についているしょうゆ

などなど、

冷蔵庫にしまうことはしないで、食べないなら即、手放す。

 

隙間を、余白を大切に。

 

大量の食材を眺めながら

「食べきらなくちゃ、腐っちゃう」

「●●が食べたいけれど、●●が残っているから食べきらなきゃ」と

プレッシャーを感じることを減らしたい。

 

「いま、食べたいもの」を身軽に選ぶために。

空っぽ冷蔵庫には、可能性が詰まってる。