収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

「レシピ本」を捨てる。料理のレパートリーなんて少なくていい!

私は美味しいものが大好き。

外食も大好きだし、グルメ巡りのテレビ番組もよく見る。「孤独のグルメ」など食系のドラマも繰り返し見ちゃう。

けど、家で作る料理には、時間をかけたくない。

 

そんな私の家には「レシピ本」の類が1冊もない。

キッチンの棚にあるのは、お気に入りのメニューだけを集めた「料理メモ」。

f:id:yuringo738:20200316130159j:image

 

かつては、お菓子からお弁当のおかず、ル・クルーゼの鍋を使った料理だけを集めた本、家庭料理、有名料理家の季刊誌などなど50冊近いレシピ本が溢れていた、我が家のキッチン。

そのほかにも料理雑誌や新聞の献立メモの切り抜き、スーパーで配っている無料のレシピなどが山のように!ありました。

 

ある日、気づきました。

この本に載っている料理、果たしていくつ、本当に作って食卓に載せたのか?

 

数えてみました。

 

20種ほどでした。

 

中には、買ったはいいけれど、掲載されている料理を一つも作っていない本もありました。というか、そっちの方が多かった。

作っていたものも、肉じゃがや鶏つくねなどの定番メニューや、里芋を潰してマヨネーズと青ネギを混ぜる‥といった少ない食材とシンプルな調理で完成するおつまみばかり。

 

手の込んだ煮込み料理や、滅多に使わないスパイスを入れる創作料理なんかは、ほとんど「見て終わり」だったのです。

 

「料理のレパートリーが少ない」という後ろめたい気持ちを隠すように、家に溢れるレシピ本や献立メモの切り抜き。

 

「実際に1回以上作ったもの」「これから作る!と自信を持って言えるもの」だけを切り抜いて、レシピ本は全部、手放しました。

 

切り抜いたものは、ノートに貼ってキッチンの棚へ。

f:id:yuringo738:20200316131852j:image

 

f:id:yuringo738:20200316131958j:image

 

手書きの部分もあります(*_*) 書いて手順を覚えようとしたのかな、意外とマジメな部分もあるゆたたんです★

 

で、結論としては。

料理のレパートリーは、少なくていい!

ワンパターン上等!

です。

 

私の定番メニューはズバリ「豚汁」。

切り落とし肉と大根、人参、ゴボウ、後は好みで糸こん油揚げ打ち豆なんかをざくざく切って鍋に放り込んで煮えたら味噌溶いて、青ネギと唐辛子振れば出来上がり。

肉から旨味が出るので出汁を引く手間もナシ。

これと炊き立てのご飯さえあれば、十分じゃない?

 

ちなみに「家で揚げ物はしない」「ケーキは焼かない」と決めてから、オイルポット(手入れが面倒)とケーキの焼き型(全然使わないのに場所を取る)も、手放しました。

 

揚げ物は「かつや」で買えばいいし、

ケーキは近所のお菓子屋さんで美味しいものを買えばいい。

家で子供と作るのは、フルーチェとかホットケーキとかでいいんでない?

と、楽チンに構えてやってます。

 

家庭料理なんて、シンプルでいい。

と、思うのです。