収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

仕事服

トップスは6枚。仕事服の「必要最小限」

仕事用のトップスは、半袖4枚と5分袖2枚の、計6枚。 金曜日ともなれば、クローゼットはすかすか。 週末にまとめて、洗濯機回すの。 愛用の洗剤は、エマール(花王)よ。 私にとっての、トップスの「必要最小限」は、6枚。 平日(月曜~金曜)に毎日1枚…

「おしゃれな人」を、目指さない。

人生における「おしゃれ」の優先度は、高いほうではないと思う。 でも、「好きなもの」は、はっきりしている。 「好きではないもの」も、はっきりしている。 だから、好きなものだけをクローゼットに集めて、「おしゃれな人」ではなく 「自分の好きなものを…

「パーソナルカラー」なんかより、大事なこと。

春うらら。洗濯が楽しい日曜日です。 ところで皆さまの「パーソナルカラー」は何でしょうか。 猫も杓子もパーソナルカラーの時代になりまして「ブルべ」「イエベ」なんて言葉も相当に人口に膾炙しておりますので、どこかで「パーソナルカラー診断」を受けた…

洋服29着を「ブランド別」に分類してみた。

引き続き、手持ちの洋服29着を分析するシリーズです。 前回、洋服の5割が「白とネイビー」であることを紹介しました。 ↓ yuringo738.hatenablog.com 今回は、「手持ちの洋服のブランド(メーカー)」を軸に分類してみました。 (手持ちの洋服の一覧表は上記…

洋服4枚を購入。「セールをしないアパレル」の魅力。

春の足音を聞きながら、クローゼットの見直しを進めています。 2月は、16枚の洋服を手放した一方で、新しい洋服を4枚購入しました。 すべて「ソージュ」というアパレルブランドのアイテムです。 購入したのは、以下の4点。 ※カッコ内は購入価格(税込み)…

普段使いのパンプスは「晴雨兼用」一択だな、という話。

「同じ靴を2日続けて履くのはNG」…はい、よく分かります。 日中、自身の全体重を支え、汗、雨などあらゆる水分と汚れを吸った靴。帰宅したら乾いた布で汚れをふき取り、消臭スプレーを吹きかけて水分を飛ばすなどして「休ませる」時間が必要です。 分かって…

スーツ2着を手放す。ウイルス禍で「仕事服選びの基準」が変化しつつある。

この冬、2着のスーツを手放しました。 私のクローゼットのなかで、仕事服の「土台」となって支えてくれていた2着です。 インナーを変えれば、真夏以外活用できるスーツで、3年以上着用していたお気に入り。そろそろ生地の擦れが目立ってきて、着用感も出…

洋服のコスパは「着用単価」の視点で考えよう。

洋服の「コスパ」を考えるときには、「着用単価」という考え方が とても大事になる。 着用単価とは、 「購入価格」を、「着用回数」で割ったもの。 例えば、5000円のTシャツを10回着たなら、 「着用単価」は500円 になる。 「着用単価」を基準に「コスパ…

「着回し」なんか、考えない。

クローゼットを快適に保つためのヒントは 「着回しを考えないこと」だと思います。 少ない服で、日々、ストレスなくコーディネートを楽しむ。 そのためには、「あのスカートにも、このパンツにも、何となく合うセーター」を持つのではなく。 「この、白い冬…

「似合う」診断に、振り回されすぎない。

「似合う色」を教えてくれる、「パーソナルカラー診断」… 「似合う服のデザイン」を教えてくれる、「骨格診断」… 洋服や化粧品など、「その人の印象」を特に左右する装いに関する分野では この「○○診断」が、一つのモノ選びの基準になっている。 私も、 こう…

最強のコスパ服だったよ!着用単価62円、BOSCHのカットソーを、手放す。

こんにちは。 4連休ですが、せっせと家の中を整えています。 床に落ちた消しゴムかす(娘ズの宿題の残骸)を拾ったりして地味楽しい休日です。 なんやかやで2か月ぶりのブログ更新です。 洋服を手放したお話です。 お仕事コーデに、プライベートに ワード…