収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

キッチン

「ちゃんと選ぶ」って、めちゃ大事。

猛暑の夏休み。小学生の娘たちにとって、どこへ行くにも麦茶を入れた水筒は相棒です。 水筒って、飲み口に細々とした部品があって、洗うのが地味面倒なモノの筆頭。 食洗機に入れても、小さな溝に入った茶渋がなかなか取れないので、面倒だけれど手洗いして…

鍋は、いくつ必要ですか。

大量のラタトゥイユを煮た鍋、冷蔵庫にしまう前に粗熱を取っているところ。 煮込み料理に重宝するル・クルーゼの鍋、結婚祝いで大学の同期に頂いたもので、12年間大事に使っている。地味な台所に彩りを与えてくれるオレンジ色。 思い立って台所の鍋類を数え…

家庭料理は、シンプル一択。

家庭料理は「シンプル一択」です。基本、こねたり巻いたり厳密に計量したり、しません。調味料を計る大さじ・小さじも持っていません。普通のカレースプーンで、オール目分量。味見して薄かったら塩足す、みたいな。凝ったおかず作らずとも、味噌汁と納豆が…

一番に「リセット」したい場所。

家のなかが、どこもかしこも、うっすら散らかっているような気がする。 だしっぱなしの食器。かごに放り込んだままの洗濯物。トイレ掃除もしたいし、リビングに点々と散らばった娘たちのプリント類も気になる。 そんなとき、私がまず取り掛かる場所。 それは…

やってはいけない、「見せる収納」。

「見せる収納」とか「おしゃれな収納」とか、目指さないことにしています。 特に、キッチンに関しては。 さらに、油がはねるなどして汚れがちなコンロ回りは、特に。 なーんにも、置かないのに限ります。 夜、食器と一緒に五徳も食洗器に入れて丸洗い。 コン…

「急須は二つ、必要か?」問題について。

愛用の広辞苑・第5版(電子辞書に内蔵)で「急須(きゅうす)」を引いてみますと、「茶葉を入れ、湯をさして煎じ出すのに用いる、小さな土瓶(どびん)」と簡潔に紹介されております。土瓶…! つまりは、お茶をいれるための道具。ティーポット。 我が家には…

さよなら、ハーブティー。

長いあいだ抱いていた疑問について、ふとした瞬間に答えが見付かることって、あります。 例えば、折に触れて食料ストック棚の奥から見つかる、ハーブティーのパック。行き付けの雑貨店で、旅先の土産物売り場で、「飲もう」と思って買ったはずのティーパック…

今年最後の、冷蔵庫リセット。

さあ、仕事納めしたよ。 というわけで、冷蔵庫を極限までリセット。 残っていた梅ジュース(原液)から、卵、納豆、ヨーグルト。 食べきった。 ↓ 残っているのは… バターとプルーン(保存ボックス入り)、もずく(小分け1パック) クッキー(箱入り)、夫の…

必要なモノは、実はそんなに多くない。

「持っているのが、当たり前」… そんな、いつの間にか「常識」のようになっている物事を まずは俯瞰して、客観的に見つめてみることが 「楽ちんで快適な暮らし」につながっていくと 思うのです。 例えば、 しばらく前に、私は「醤油さし」を、手放した。 そ…

冷蔵庫パトロール。庫内には、愛を。

1日に何回も開け閉めする「冷蔵庫」。 だからこそ、その中には「愛」を詰め込んでおきたいわけよ。 冷蔵庫パトロール、いってみよう。 いい感じに、すっからかん… 夕飯にはシメジ入りのカレー作って、千切りキャベツとトマトのサラダ作って、 野菜室も空っ…

キッチンから「ごみ箱」が消えたなら。

暑い…。 8月も終わりだというのに、寝汗をかいて目覚める。 そんな日曜日の朝。 娘ズの朝ごはんを用意しようとキッチンへ立つ。 ふと目に入る、食材ストック棚の横に置いてある、ごみ箱。 かつてリビングにあったものを、 「入れ替え」でキッチンに持ってき…

ミニマリストの買い物は「戦い」…愛用品との別れ

暑い日は、お蕎麦が美味しいよね! そんなこんなで今年の夏も大活躍だったのが、 愛用の「蕎麦ちょこ」です。 温かみのある白色。 丸みを帯びたフォルム。 蕎麦つゆだけじゃなく、 アイスを盛ってもコーヒーを淹れても、いい感じ そんな大好きな、あの子が… …