収納しないブログ

持ち物を減らして収納術不要の暮らしを目指す、ミニマル志向の30代。

歯ブラシ1本200円…「品質と価格のバランス」で選ぶ定番品の話。

月初めの家事ルーティンの一つが「ブラシ&スポンジ類の交換です。

毎日使うものだから、定期的に新しいものに入れ替えて清潔を保ちたい。

 

掃除用のスポンジに関しては、

使用頻度に応じて、以下の通りに交換のタイミングを決めています。

 

①食器用スポンジ…2か月に1回。

…朝夕2回と使用頻度は高め。しかし食器類はほとんど食洗器で洗うため、カレー鍋などを頻繁に洗わない限りはそこまで消耗のスピードが早くない。2か月に1回程度の交換が、最適なペースと思われる。

②浴室用スポンジ…半年に1回。

…バスタブから浴室の床、排水溝まで広範囲に使用するため、毎日使うと消耗が早め。湿気の多い浴室に置いているので、ほかのスポンジと比べて黄ばみなどの外見の劣化が目立つ。半年に1回(新年1月と、7月)の交換で、清潔な見た目を保ちたい。

③洗面台用スポンジ…1年に1回。

…毎朝、歯磨きのついでに洗面台を磨くための用途限定品。毎日使う一方で、洗面台のみなので使用範囲はごく狭く、劣化はそれほど早くない。うっかりすると2年以上、同じものを使っているが、スポンジ部がかたくなったり黄ばみが出たりして見た目にも美しくないので、新年1月のタイミングで交換するのが宜しい感じ。

 

5月は、歯ブラシと食器用スポンジの交換タイミングです。

歯ブラシはジーシー社の「ルシェロ」、食器用は「マーナ」のおさかなスポンジを愛用しております。

消耗品である歯ブラシやスポンジに関しては、「定番を決めて、あれこれ迷うストレスを減らしたい派」です。

使用頻度が高い品だから、品質と価格のバランスが「自分にとってちょうどいい」と思える商品を無理なく使い続けたい。

ルシェロの歯ブラシは、20本入りで約4200円(1本あたり200円程度)、

おさかなスポンジは、1個約250円。

どちらも「品質と価格のバランスがちょうどいい」点が、定番として使い続けている理由です。

▽新品の2つを、ピンクで揃えて縦並べ。

▽からの〜、横並べ(特に意味なし)

 

消耗品は派手色を選ぶのもいいじゃな〜い

おさかなスポンジの定位置は、シンク正面。

新品のシャキッと感、いいねえ。

 

歯ブラシの定位置は、洗面台の引き出し。

開いてみましょ。

▽ここ。

家族4人、無印良品の陶器の歯ブラシスタンドに立てて収納しています。

 

▽家庭用スポンジの交換頻度に関する過去記事も宜しくです▽

yuringo738.hatenablog.com

yuringo738.hatenablog.com

新品の歯ブラシで歯を磨くと、なんだか背筋もシャキッと伸びるような。

定期的な交換は、ちょっとした気分転換にもなるのです。

そんな、金曜日。

30代ミニマリスト、GWはひとりで晩酌するの巻。

夫が娘2人を連れ、2泊3日で義実家へと旅立ちました。

ひとりで過ごす三連休、素敵…。

ひとり晩酌するしかない。

好きなツマミ作って、ちょい贅沢なお酒を飲もう。

冷蔵庫オープンンン!!

連休前に日持ちのしない食材は全て使い切りました。

・アルコール缶3本(水曜日のネコ、YEBISUプレミアムエール、翠)

・たくあん1本

・切れてるチーズ

・塩辛

・わさび菜の醤油漬け(残少)

・クロテットクリーム(残少)

ほたるいか沖漬け

おぼろ豆腐(食べかけ・残少)

ちなみに、上段の発泡ケースはスーパーで調達したマグロの切り身。

これらを駆使して、ひとり晩酌を彩る素敵ツマミを拵えるんよ!

(調理中にもう飲み始めるパターン)

SATE★SATE★まずは〜

海苔と塩辛とチーズで一品。

海苔切って、切れてるチーズ乗せて、塩辛乗せて、ネギ乗せるだけの簡単メニュー。

切るだけ乗せるだけで美味しいの。

 

マグロの切り身は細かく切って、小口ネギと千切り大葉と、これまた細かく切ったタクアン、大量のすりごまと一緒に混ぜます。調味料は胡麻油と醤油(適量)。これまた切るだけ混ぜるだけの簡単おつまみ。

お盆に持って、出来上がり。

残り物のおぼろ豆腐、わさび菜、ピーナツは3種盛り風にしてみたよ。

ひとりで楽しむ晩酌メニュー。

ほろ酔い気分でホラー映画を堪能する夜たのし。

 

家庭料理のレパートリーなんて、無理して増やさなくていいと思うの。

「切って混ぜて」で、十分美味しいものができるから。

もちろん、お料理が好きで作るのが楽しいという人は、どんどん新しい食材や調理法を取り入れてレパートリーを増やしていってほしい。

家事を「苦痛なコト」にしないためには無理しないことが第一だから、好きでも得意でもない分野について「頑張る」ことはしなくていいと思うの。

ラクして美味しく、いいことじゃん。

yuringo738.hatenablog.com

yuringo738.hatenablog.com

お酒とホラー映画で過ごす一人の時間、大事。

明日を生きる元気を育てる一人の時間、最高に大事。

 

休もう。酔っぱらおう。お腹いっぱい食べよう。恐怖と笑いは紙一重

予定がぎっしり詰まった忙しない日々に、ぽっかり生まれた余白ページみたいな3日間。

好きなお酒飲んで、自分だけのためにツマミ作って、しっかりエネルギーを得たよ。

庭の草取りでもしながら、家族の帰りを待とう。

 

そんな、2022年の子どもの日。

「収納しない」ルームツアー、脱衣所編。

NHK朝ドラ「カムカムエブリバディ」総集編を見ながら過ごすゴールデンウイーク後半戦。

カムカム見ながら、ゆるゆるとブログも更新したいと思います。

お暇がありましたら、我が家の「脱衣所ツアー」にお付き合いください。

浴室と脱衣所は、キッチン横にあります。

こちら入口。カムカムエブリバディ。

脱衣所は服を脱いだり着たりする場所であり、洗濯機の設置場所であり、洗濯物を干す場所でもあります。細々としたモノが増えがちな場所だからこそ、意識的に「収納グッズを増やさない」「複雑な収納術は避け、シンプルな収納に徹する」ことを心がけています。

洗濯機周りには、専用の「収納棚」などは置きません。

洗剤類や一時的に洗濯物を入れるカゴはドラム式洗濯機の上に直置きです。

▽洗濯機の上が洗剤コーナー▽

液体洗剤(アタックとエマール)、漂白剤、部分洗い洗剤、洗濯ネットを、ザクッとカゴに入れております。ワンタッチで取り出せるの大事。洗剤の容器は派手なパッケージを外します。

 

▽物干し竿は、脱いだコートの一時置き場でもあります。

▽タオル類は作り付けの棚に

▽上段の無印ラタンかごにはナプキン類を入れています。

▽中段には埃取り用のコロコロ、洋服ブラシ

▽棚下の空きスペースには、取手付きのカゴ。

手洗いコースで洗う洗濯物などの一時置き場です。

洗面器は予洗いで使います。ボディ用のカミソリは、この中に〜。必要な時に浴室に持ち込んで使います。

▽窓際はコンタクトケースの定位置。朝、コンタクトを着用したら、ケースを洗ってここで乾かします。

▽ちなみに、サニタリーボックスも脱衣所に置いています。

詳細は、過去記事に〜

yuringo738.hatenablog.com

モノが増えがちな場所こそ「収納しない収納」が使いやすいと思うの。

収納は複雑にしない、グッズを増やさない、「おしゃれな見た目」を目指し過ぎない。

そんな決意を新たにする、ゴールデンウイークの真ん中の日。